自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

節約

独身サラリーマンならではの毎月1万円貯金法

更新日:

私は元々浪費家で、入った給料は次の給料日までにきっちり使い切ってしまうような生活をしていました。

新卒で入社してから三年間の貯金はなんと0円。

さすがに周りが結婚し始め、家庭を持っている友達を見ると焦り始め、将来のことを考えると、「少しくらいは貯金しなければまずいんじゃないか?」と思ったことが、私が貯金を始めたきっかけでした。

 

貯金が苦手だった私ですが、その後三年間で100万円お金を貯めることができ、今でも無理なく貯金を続けています。

同じように貯金しなければいけないとは思っているけど、実際当時の私のようにできていない独身の人は結構多いのではないでしょうか。

今回は独身の人が毎月1万円を貯金していく方法についてステップ毎に紹介していきます。

 

 

STEP1 「理解する」 まずは自分の収支について知ろう!

毎月1万円貯金するために、まずは自分の収支に関して知ることが大事です。

簡易的でも良いので毎月の家計簿を作ってみましょう。

家計簿なんて意味あるの?と感じることもあるかと思いますが、支出を「見える化」することで、気づくことは沢山あります。

水道光熱費等の生活費や食費、自由に使っているお金等を一度書き出してみることで、

「え?遊びにこんなに使っているの!?」
「食費は思ったよりかかってないな。」

など、自分のお金の収支状況が見えてきます。

 

ここで私がお勧めする方法は「目標家計簿」を作ることです。目標家計簿とは毎月1万を残せる仕組みを想定した家計簿を作ることです。

無理やり自由なお金を1万減らす方法ではなく、生活費や食費等の支出の中から節約の余地があるもので調整してみましょう。

 

STEP2 「分ける」 お金を実際に振り分けてみよう!

目標家計簿を作ってお金の使い過ぎを抑えるために、事前に「給料」を分けることが大事です。

節約するにあたって分けてもらいたいのは「銀行口座」です。

一口座でお金を回すと通帳の帳簿がごちゃごちゃになり、実際に何を支払って、いくら自由に使えるか分からなくなります。

口座を分けることによって、自分の使えるお金が明確化することと、貯金が自動で貯まっていく仕組みを自分で作ることできます。

最低でも「給料受取」、「自由に使える」、「生活費」、「貯金」の4つは持っておきましょう。用途毎に銀行を使い分けることで、計画的に管理が出来るようになります。

 

私がお勧めするのは自動振込機能の使える銀行を利用することで、用途別のそれぞれの口座に毎月振り分けてくれて非常に便利です。

貯金口座へ1万円を設定することで、この時点で目標達成できてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

STEP3 「節約する」 実際に効果のある節約法

上記で貯金出来る仕組みは完成しましたが、出費は毎月一定ではなく変動します。お金が無くなったからと貯金用から引き出して使ってしまうことも少なくありません。

では実際に出費を抑えるために、どうすればいいのでしょうか?

ここでは誰でも明日からできるお金を節約する作戦について細かく見ていきましょう。

コンビニエンスストアの利用を避ける作戦!

コンビニエンスストアは数が多く、食品、日用品等、生活に必要なものは大抵揃っていて本当に便利ですよね。

とくに、飲み物や昼ごはんを買うのにコンビニエンスストアを利用している人が多いですが、ついつい他の物を買ってしまうなんてこともよくあります。

 

しかしコンビニエンスストアは比較的に価格が高く設定されているので、節約をしたい人にはあまり向きません。

スーパーやネットを活用することで、日々の無駄な出費を削減することが出来ます。

たとえば、500mlペットボトルの飲み物もコンビニエンスストアでは160円ほどしますが、スーパーやネットでは安いものであれば半値で購入することが出来ます。

ちなみに私は昼食も、コンビニ弁当からおにぎりに変更したことで、食費だけで月に5,000円以上は節約することができました。

携帯代の見直し作戦!

毎月かかる固定費も削減することで大きな節約に繋がります。

しかし家賃や保険、車関係は、固定費の中でも節約し難いです。

一番手っ取り早い固定費は携帯通信費です。何気なく毎月1万円以上を携帯代に支払っている人は結構いるかと思います。

自分に使用方法に合っている料金プランなのか?
不要なオプションが付いたままになっていないか?

など、一度携帯会社に出向き担当者に相談してみることで、自分に合った料金プランに変更することができ、簡単に数千円の節約になります。

また最近では格安SIMもとても人気があり、月の携帯代を5,000円以下に抑えることも可能です。

 

上記2点をとりあえず実践してみてください!貯金口座をくずすことなく、無理なく1万円以上のお金を節約することができます。

 

スポンサーリンク

 

貯金は将来の準備金!無理なくコツコツ続けよう!

ここまで独身者が毎月1万円貯金する方法を紹介してきました。

実際に自分の収入を「理解」、「分ける」、「節約」という3つのステップを実践するだけで、お金が貯まる習慣が身につき、なかなか貯金できていない人もできそうな気がしてきませんか?

実際私は毎月1万円貯金しようと始めましたが、2、3万は安定して貯金できていました。貯金口座が増えていけば、もっと努力しようとモチベーションも上がります。

 

独身の人は、結婚やマイホーム、老後など、これから多くのお金が必要になってきます。いざお金が必要になった時に、貯金しておいた良かったと必ず実感するはずです。

毎月1万円でも無理なくコツコツ続けていくことをお勧めします。

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

  金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまったくないね。   ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-節約
-

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.