自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

過払い金返還請求

過払い金請求ってどんな手続なの?メリット・デメリットを簡単にご説明します

投稿日:

TVCMや街中の広告でよく見かける「過払い金請求」。

過払い金請求とは、債務整理の1つの方法であり、的な借金解決方法の1つでもあります。

一体どういう手続になるのでしょうか?ここでは過払い請求の基礎的なことやメリットおよびデメリット等について、解説していきます。

 

スポンサーリンク

そもそも過払い金請求とは?

過払い金請求

債務整理における「過払い金」を簡単に言えば、金融会社に対して法律的に必要以上に返済した金です。

利息制限法で定めた金利を計算し直した時、実際は借金がなくなっていたのに、それ以上支払っていたお金のことです。これは民法で定めた不当利得に当たり、適切ではない形で受け取っていたお金に相当するため、不当利得返還請求権として返還を求めることができます。過払い金請求とは、不当利得返還請求権を元にしたものです。

ではなぜ過払い金のようなことが発生するのでしょうか?

かつて貸金業法では、出資法で定める金利以内であれば、利息制限法の金利を超えて貸し出すことが認められていました。いわゆるグレーゾーン金利であり、約30パーセント近い金利が掛けられていました。過払い金請求の基本的な計算方法は、この約30パーセント近い金利を利息制限法の金利に引き戻して行うことです。

しかし過払い金には時効があり、最後の取引から10年となっています。

ただし再び借り入れした場合、過払い金も変わってきます。二度目以降の借り入れが一連の取引と見られるか分断と取られるかは、個々の状況によっても変わってくるようです。

 

スポンサーリンク

 

どんな人が過払い金請求の対象か?

過払い金請求には、対象となる人がいます。これは新貸金業法が改正され、利息制限法と出資法の規定の違いを利用した、いわゆるグレーゾーン金利が禁止になったことが影響しています。対象となる人は、次の2つのどれかに当てはまる人です。

 

(1)2008年12月以前にカードローン等を利用していた人

(2)カードローンの完済から10年以内の人

 

(1)の人は、新貸金業法の改正前に借金をしていた人になります。(2)に関しては、時効が10年であるため、最後の取引から10年以内の人となるのでしょう。

もし過払い金請求を考えているのであれば、自分が対象となるのか否かをきちんと弁えておくべきです。もしそうでないのであれば、過払い金請求ではない債務整理などを選択する必要があるでしょう。

 

過払い金請求のメリットとデメリットも知っておこう

過払い金請求メリットデメリット

どんなことにもメリットとデメリットがあるように、過払い金請求にもあります。ではどのようなものになるのでしょうか?

まずメリットは、カードローンやキャシング等の債務がなくなることです。そして高い利息分を支払っていたため、お金が戻ってくることもあります。利息制限法と出資法では約10パーセントの金利差があるため、それが大きな要因でしょう。

またデメリットしては、いわゆるブラックリストに載る可能性があることです。もっともブラックリストと言っても冊子のようなものではなく、指定信用情報機関の金融事故歴のことです。

この信用情報機関の金額履歴に金融事故記録が載ってしまうと、その間は新たな借金ができなくなります。

過払い金請求の場合は完済済みの場合は新たに信用情報機関に履歴が残ることはありません。返済中の場合に過払い金返還請求を行うと任意整理扱いになるため載ってしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

過払い金請求は自分でもできる?

過払い金請求は自分でできる?

法律に伴う権利については、当事者が行うことができます。

過払い金請求は民法の不当利得返還請求権にもとづいているため、当然自分で行うことができます。しかし相手はプロの金融機関であり、交渉しなければなりません。希望通りの結果へ導けるかは不透明でしょう。そのため法律専門家に依頼する方が無難です。

報酬などが発生するため、コストは掛かります。けれどもプロを相手にするのであれば、プロの法律家に任せる方が物事がスムーズに運ぶでしょう。

法律専門家であれば、弁護士や司法書士になり、中でも弁護士は法律行為全般の代理行為ができます。いわばオールマイティーな法律家であり、安心して依頼できる可能性があります。しかしその分報酬が高めであることも、十分承知しておくべきでしょう。

なお司法書士では限度額が決まっています。これは判例によって示されましたが、過払い金請求であれば総債務額が140万円以下であれば、交渉などができるとされています。弁護士には、このような決まりはありません。

スポンサーリンク

 

まとめ

過払い金請求は、民法の不当利得返還請求権に基づいた行為であり、余計に支払っていたお金の利息分を再計算し、借金の整理をすることです。

状況によってはお金が戻ってくることもありますが、2008年12月以前、あるいは、10年以内に完済した借金が対象となります。自分でも行うことができますが、弁護士や司法書士などの法律専門家に依頼した方が、スムーズな解決に導くことができるでしょう。

 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-過払い金返還請求
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.