自己破産からの復活

この物語は実話です。自己破産しても人生はやり直せます。

自己破産者体験談

自己破産ってデメリットあるの?実際に自己破産した私が断言

投稿日:

結局のところ自己破産ってデメリットがあるのでしょうか?

これまでご紹介しましたとおり、私は事業に失敗をし1,000万円以上の借金を背負い数年前に実際に自己破産をしました。

その私の経験上、結論、自己破産デメリットはありませんでした。

自己破産すべきかどうか迷ってる多重債務者の段階で、その人は自己破産デメリットはなく一日でも早く自己破産に向け動いた方良いのです。今回改めて自己破産デメリットが無く迷っているならすぐに法律の専門家に相談したほうが良い理由をご説明致します。

 

自己破産について

借金を抱えて悩んでいる人にとって債務整理と一言に言っても様々な選択肢があります。

自己破産、任意整理、特定調停、個人再生といくつか種類があります。手続き費用や手続き後の借金ががどうなるのか様々あります。

自己破産は全ての債務整理の中で最も重い借金の整理方法なので、確かに誰でも簡単に無制限で出来るわけではありません。自己破産を行うためにはそれなりの借金がなければなりません。基本的には『頑張っても借金が返せそうにない人』が対象になります。

収入に対して借金の金額が多い人が対象

自己破産を行うためには収入に対して借金の金額が多い人で無ければ出来ません。自己破産を行うためには裁判所に対して破産申立てを行い、裁判所から債務の免責受ける必要があります。

自分が借金の借りすぎで自己破産が必要なのかはいくつかの目安となる指標があります。

 

  • そもそも仕事がなくて収入が無い人・あっても通常の生活が出来ないレベルの収入
  • 生活費から家賃食費を除いて残った金額より毎月の返済額が多い人
  • 高額な借金(300万円以上など)

個人の事情や収入、借金の状況によって異なっては来るものの、収入が少なく借金が大きく、返済がまともに出来ない人は自己破産の対象となるでしょう。

過払い金が回収できるならそっちを狙ったほうが良い

 

自己破産のデメリット

「自己破産のデメリットは無い!」といったものの自己破産の手続きする上で手放さないと行けないもの、諦めないといけないもの、覚悟をしないといけないものがあります。

住宅などの資産価値の有る財産は没収されます

住宅などの資産は自己破産を行うと全ての競売にかけられ、処分されます。

住宅を持っている人の方が持っていない人よりも手間暇がかかりますので、住宅を持っていない方が自己破産は行いやすいです。そのためどうしてもを住宅を手放したくない人は自己破産は向いてません。

 

当分クレジットカード・ローンは組めません

自己破産を行うと信用情報機関CICとJICCに5年間、KSCに10年間記録されます。

この間は原則5年間、クレジットカードや消費者金融は利用できなくなり、10年間は銀行・信用金庫のローン利用はできなくなります。銀行の住宅ローン・教育ローンやフリーローンなどのサービスもこの期間利用できません。

ちなみに私は自己破産から3年目でクレジットカード持てましたので必ずしもこの期間ダメということは無いようですが、限りなく難しいです。

そもそも自己破産するかどうか検討している段階で支払いが滞っている人だと思いますので、その場合は既に信用情報機関には支払いが遅延していることが載っています。どのみち5年、10年は借りれませんので、この点は逆に問題ないかと思います。

 

特定職業に勤められなくなります

自己破産をすると、弁護士、公認会計士、等の職業、証券会社の外交員、生命保険の募集員等お金を扱う職業、警備員など特定の職業で破産が確定するまでの期間、就く事が出来なくなります。

破産確定後は復権により再び就く事が出来ますが、会社勤めの人の場合、該当職種に勤めている時は会社に事情を話し、その間職務を外してもらわなければなりません。

自己破産を考えている人は仕事自体が不安定な状況かと思いますので、もしこの件で自己破産踏みとどまってるなら一旦退職するか転職するか正直に会社に話すかが良いのではないでしょうか。

 

連帯保証人に債務が移ります

連帯保証人がついている債務は自己破産を行うと、連帯保証人に債務が移ります。その為連帯保証人がいる方がいない方に比べて自己破産がしにくくなります。連帯保証人を入れた借金の場合は連帯保証人と良く話し合う必要があります。

官報に載ります

官報に住所、氏名が記録され半永久的に保存されます。その為、長期間この官報情報で影響を受けることがある、という人がいますが私は受けたことありません。自分の名前でいろいろ調べてもどこに載っているのか全然出来てきません。当時も官報調べたんですが、見つけられませんでした。官報を一生懸命読んだり保存している人は日常生活でいませんので、あまり気にする必用はないと思います。

 

会社にバレる可能性があり

先の特定職業の人は除いたとして、自己破産すると官報ではバレる可能性は低いものの、自己破産の手続きで「給与明細」「源泉徴収票」「退職金見込額証明」などが必要になります。

とくに「退職金見込額証明」というのが厄介で会社に請求すると事情を聞かれる可能性もあります。

但し最近は裁判所もこの辺考慮してくれるようで、就業規則に計算方法が載っていればそれで対応が可能な場合もあります。この辺は専門家に相談したほうが良いです。中には「住宅ローン審査で必要なため」と言って会社に請求する人もいるようです。最近は退職金無い会社も多いのでこれも心配する必要はないかともいます。

 

このようにいくつか自己破産する際にも注意しないと行けない点はあるものの、これ以上借金で苦しむくらいならクリアできない問題ではな無いはずです。

 

実際に自己破産してデメリットあったのか(私の経験)

自己破産デメリット

私は実際に自己破産をしましたが、結局デメリットがあったかというと全くありませんでした。

「自己破産すべきかどうか」「自己破産するにもお金がかかるし…」「法人の破産と個人の破産があるから書類や手続きも大変なんじゃ…」と長年悩んでいた時間が本当にもったいなかったです。

まず弁護士が受任してくれた段階で金融会社からの督促がストップします。それまで電話の着信や玄関のチャイム音に怯えていたのが気にする必要がなくなるのです。(電話や玄関のチャイムに出れるようになるのですよ!)

これだけでも精神的に大きく救われます。

また1日でも早く自己破産の手続きを進め1日で早く免責を勝ち取ったが方が良いです。早ければ早いぶん信用情報機関から情報が消えるのも早まりますので、クレジットカードを持てる日や住宅ローンを組める日も早くなるのです。

 

心配していた弁護士費用も、私が依頼した弁護士は分割払いで対応して貰いました。書類についても専門の弁護士がテキパキと指示してくれて、どうしても集められないものは、その旨説明して弁護士側でなんらか対応してもらいました。弁護士に依頼するまでは「こんなにたくさんの書類集められないよ」とかウジウジ悩んでいたのが馬鹿らしいです。

本当に思っていたよりも手続きもスムーズで費用も分割だったので弁護士費用も無理なく支払いが出来ました。

 

自己破産したことですべてスッキリしました。

なので「自己破産すべきかどうか」で悩んでいる人の気持は良く分かります。でも専門家に相談したら本当にスッキリしますよ。今は債務整理の専門家はたくさんいますし無料相談を実施しているところもあります。

私の時代は近くの弁護士事務所・司法書士事務所の一軒一軒電話・メールして事情を説明していたのですが、あたなにあった法律事務所を探してくれるサービスもあります。匿名で相談可能で債務情報を入力すれば、あなたにあった法律の専門家を紹介してくれます。

債務整理無料診断 街角相談所 -法律-

ぜひ気軽に相談してみて下さい。自己破産すべきかどうか悩んでいる段階でその人は自己破産デメリットありません。すぐに相談をしてください。

 

「自己破産することが社会への背徳行為なのでは」と悩んでいた

最後にここまで読んでもまだ自己破産について悩んでいる人がいるかと思います。

私ももう一つ悩んでいたのが自己破産するということが自分自身の負けを認め、信用してお金を貸してくれた人への裏切り、どこか道徳に反する行為をしているではないかと悩んでいました。

これについては結構長く悩んでました。

しかし受け入れたのです。結局一度は負けたのです。ただ人生は終わってません。何度でも敗者復活戦があるのです。またゼロからはじめて勝ち上がればよいのです。自己破産をしないと敗者復活戦に出れないのです。

そしてお金を貸してくれた人への裏切り行為ではないかとの悩みありました。金融会社はそもそも貸し倒れ引当金といって一定割合は返済されないことを想定して事業を行っているのと、無理に貸した責任もある、と割り切って考えました。金融会社自体も返済されるかどうかわからないまま、督促だけ続けるより、スッキリ自己破産したほうが良いはずだ、と思ってます。

また私の場合は会社への出資ではあったのですが個人からお金を出してもらっていた分がありました。出資なので会社が破産すれば返す必要のないお金なのですが、恩人からだったのでやはり申し訳無さでいっぱいでした。

一旦自己破産という手続きをとりましたが、その人は個人的に返済を始めてます。法律上返す必要はないんですが恩人なので少しずつでも返そうと今努力をしております。

もしこれらで悩んでいる人がいたら、この話が自己破産への踏み切るきっかけになればと思います。

 

 

自己破産にデメリットあるのか まとめ

結論、自己破産すべきかどうか悩んでいる多重債務の段階の人は自己破産することにデメリットはありません。

一日でも早く専門家に相談をして最適な方法で手続を進めることをおすすめします。結果的に自己破産以外の債務整理の方法になるかもしれませんが、一歩踏み出す勇気が人生を変えます。私は一歩踏み出したので人生が変わりました。

債務整理無料診断 街角相談所 -法律-

 

 

 

The following two tabs change content below.
金(かね)太郎

金(かね)太郎

2005年に起業したものの2008年に経営に行き詰まり借金地獄へ。その後逃走するかのように地方を転々とする。地方の中小ブラック企業で働きながら弁護士費用を貯め、2012年に自己破産をする。その後ホワイト上場企業への就職・結婚・出産、2016年についに念願のクレジットカードを手に入れる。 借金地獄から自己破産、そして復活までを余すこと無くご紹介いたします。

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。   自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代 20代も後半になろうとした時、私は大手 ...

高金利での借り入れ  2

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。 前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連 ...

立ち上がらない事業 3

なんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができましたが、これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、オフィスの家賃を払い、借金返済をしなければなりません ...

去っていく仲間たち 4

なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。 当初の起業目的だったブログサービス運営はシステム購入から外注開発会社へのレベニューシェア契約開始まで半年かかり ...

滞る借金返済からの取り立て 5

起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でSEO対策の契約 ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

-自己破産者体験談
-,

Copyright© 自己破産からの復活 , 2017 All Rights Reserved.