自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産

自己破産の費用ってどのくらい?気になるその金額とお金が無い場合の手続き方法

更新日:

自己破産費用

くま吉(借金中)
借金が多くて自己破産したくても、結局自己破産の手続きにお金がかかるよね…?どのくらいかかるのかな?

 

金太郎(自己破産経験者)
裁判所などの手続き費用と弁護士費用があるんだけど…今回は自己破産費用についてご紹介します。

債務整理の中でももっとも強力なのが自己破産。裁判所から免責許可が下りればすべての借金がゼロになります。

そんな強力な自己破産ですが裁判所を通じた手続きのため、裁判所への申立手数料に加え、手続きが複雑なため弁護士に依頼することで弁護士費用もかかってきます。借金を抱えてお金がない人にとって自己破産手続きにさらにお金がかかるのはちょっとツライですよね。

今回は自己破産する際の費用について、裁判所への申立手数料・弁護士費用についてご紹介します。またお金がない人も自己破産手続きができる方法もご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

自己破産にかかる費用って?

自己破産 費用

 

自己破産の費用は2つにわかれます。一つは裁判所への申立手数料と予納金、そして弁護士に依頼する場合には弁護士費用です。

ではそれぞれ一体金額はいくらになるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

自己破産費用:裁判への申立にかかる費用(手数料・予納金)

実は申し立て関する費用は各裁判所によって異なります。自己破産の場合、申立本人の所在地を管轄する地方裁判所へ申し立てます。したがって自己破産をする場合には該当裁判所へ問い合わせる必要がありますが目安として下記の通りです。

 

裁判所費用(例)金額
申立関連費用(印紙代)1,000円〜2,000円
郵便切手代4,000円〜10,000円程度(借入社数による)
予納金同時廃止と管財事件で異なる

 

予納金について

予納金が自己破産の手続きに方法によって異なります。20万円以上の財産がある場合と無い場合です。

財産がなければ同時廃止事件となり、予納金は10,000円〜30,000円程度です。

20万円以上の財産がある場合に弁護士を入れて手続きを行う少額管財事件の場合、予納金は200,000円〜となっています。

 

手続方法について予納金
同時廃止事件(財産がない)10,000円〜20,000円
少額管財事件(20万円以上の財産があって弁護士へ依頼)200,000円〜

 

同時廃止と管財事件の線引きは財産がおおむね20万円以上あるかどうかです。管財事件の場合、破産管財人の選任費用が20万円〜になるため予納金がかかるのです。

 

くま吉(借金中)
財産がなければそんなに費用はかからないんだね。

 

金太郎(自己破産経験者)
そうだね。ただ裁判所への手続となるから実際は自己破産する場合は弁護士に依頼するケースが多いんだよ。次に弁護士費用についてご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

自己破産にかかる弁護士費用はどれくらい?

弁護士費用

では、自己破産を弁護士に依頼した場合、費用はどれくらいになるのでしょうか?

弁護士は民間法律家の中では最高峰に位置し、一部を除けば法律行為のほとんどを代理行為できます。したがって費用が高めの傾向になりますが法律に関わる代理行為全般を受任できるため、手続きなどがよりスムーズに行えるメリットがあります。法的な手続ほど、一般の人に馴染みが薄いですから。

弁護士費用については各法律事務所で金額が異なります。自己破産の必須費用以外は成功報酬等になり、各法律事務所で任意に決められています。

相場としては20万円から50万円程度です。財産がない同時廃止事件の場合、20万〜30万円程度(一般的なケース)でしょう。20万円以上の財産がある破産管財をの場合、裁判所手数料・予納金、弁護士費用合わせて、全費用が60万円を超えることもあります。

尚、弁護士会などにおいては独自の基準が設けられています。東京弁護士会であれば債務整理全般に対する基準があり、クレサラ報酬基準と呼ばれています。東京弁護士会に登録している弁護士は、これにしたがって報酬を請求することになります。

外部リンク日本弁理士会連合会「弁護士報酬(費用)のご説明」

 

弁護士報酬が払えない場合はどうしたらいいの?

くま吉(借金中)
だいたいの自己破産にかかる費用はわかったけど…自己破産するくらいお金がない人は弁護士依頼するお金がないんと思うんだけど、その場合どうしたらいいの?

 

金太郎(自己破産経験者)
そうだね。僕も借金とりに追われてたときはお財布に数百円しかなかったから、自己破産の費用を捻出するのが大変だったんだよ。でも今はお金が無くても初期費用を抑えたカタチで依頼することもできるんです。

 

自己破産するとはいえ、20万円〜30万円といった金額を用意できる人であればなんら問題はないですが、自己破産で免責を受けたい人の場合、そんなお金が用意できない人がほとんどです。今日、明日のご飯を食べることが精一杯の人ほとんどです。

そんなお金がない人が弁護士に自己破産を依頼する場合、弁護士費用の支払い方法はどうしたいいのでしょうか。

それは弁護士を分割でお支払いする方法です。最近の弁護士事務所は手続費用を分割払いで応じてくれるところもあります。

 

金太郎(自己破産経験者)
僕が自己破産したときは分割払いができる弁護士が少なかったんですよ。弁護士事務所に何軒も相談にいってやっと分割払いできる事務所を見つけたんです。

 

もちろん分割払いでも弁護士に正式依頼をすれば、その段階で取り立てがとまります。弁護士費用を分割で払いならが取り立てが止まれば、社会復帰ができますよね。その間住民票を移動させたり、新しい仕事につくこともできます。

弁護士費用を分割で払いながら再就職し、しっかり給料をもらいながら手続きをすすめ数ヶ月〜1,2年後に自己破産手続きを終え借金がゼロで完全なる社会復帰をすることが可能なのです。

 

 

司法書士に依頼する場合

自己破産は弁護士ではない司法書士にも依頼することができます。その場合どれくらい費用が掛かるのでしょうか?

司法書士の場合、裁判所への出廷を自ら行わなければなりません。そのため本人として弁護士より手間がかかるものの依頼費用が低めの傾向にあります。司法書士のほうが弁護士より相場として10万円から20万円程度安くなります。

こちらの支払い方法も、一括ばかりでなく分割でも引き受けてくれます。

 

実際にどのくらい掛かりそうな可を診断するには弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が行っている『無料匿名診断』がおすすめです。匿名でいくつかの質問に答えるだけで相談に乗ってくれます。

 

自己破産診断

画面サンプル:完全無料で匿名で診断が行なえます

自己破産診断

画面サンプル:完全無料で匿名診断が行なえます

 

こちらから診断が行なえます⇒『無料匿名診断

 

匿名で無料で行えます。スマホからもわずか2分で入力できます。一社一社知らない弁護士事務所の連絡することはありません。まずはこの『無料匿名診断』で匿名診断をしてみましょう。

 

くま吉(借金中)
まずはこれで無料診断してみるよ。匿名で最短10秒でできるんだね。

 

こちらから診断が行なえます⇒『無料匿名診断

 

 

参考:収入が少ない人は法テラスへの相談も可能

法テラスといった国が設置して法律相談所もあります。こちらでは一定の条件を満たす人に限り法律相談無料を受け付けています。

無料相談条件例:手取り月収が18万2,000円以下、など

外部リンク法テラスホームページ

 

法テラス経由の弁護士費用に関しても20万円〜30万円程度と比較的安めです。分割払いも対応はしております。

ただし法テラスの場合、弁護士を選ぶことができません。弁護士によって能力のバラツキがあったり自分と相性の悪い弁護士に当たる可能性もあります。対応も弁護士によってまちまちです。

 

実際には自己破産専門の弁護士に比べてもそれほど費用は変わらないので、今回ご紹介した自己破産専門の弁護士の方が対応がスムーズで迅速に行えると思います。

金太郎(自己破産経験者)
僕も法テラスの利用を考えましたけど収入面でダメだったのと、自己破産に強いの弁護士のほうが手続きがスムーズに進むと考えて自己破産に強い弁護士を探して依頼しました。

 

 

 

自己破産費用について まとめ

自己破産の費用は裁判所への手数料と弁護士費用にわかれます。

裁判所の費用は同時廃止事件(財産がない)と管財事件(20万円以上の財産がある)で大きく異なります。

 

裁判所費用(例)金額
申立関連費用(印紙代)1,000円〜2,000円
郵便切手代4,000円〜10,000円程度(借入社数による)
予納金同時廃止と管財事件で異なる

 

手続方法について予納金
同時廃止事件(財産がない)10,000円〜20,000円
少額管財事件(20万円以上の財産があって弁護士へ依頼)200,000円〜

 

また弁護士に依頼するとプラス20万円〜50万円程度のお金が掛かります。

ちょっと自己破産をすべきかどうか悩んでいる人にとっては大金ですが、自己破産に強い弁護士事務所であれば分割払いでの対応も可能です。まずは弁護士事務所の正式依頼をして取り立てをストップさせ、その間にしっかりとした仕事につき分割で支払いながら社会復帰を目指すのが、自己破産からの人生復活王道パターンです。

費用が高いからといって諦めず、最善の方法を弁護士に相談してみてください。

 

【必見】借金で苦しみ自己破産すべきかどうか悩んでいる人へ

くま吉(借金中)
いま借金が苦しくて…自己破産するべきかどうか悩んでるんです。

金太郎(自己破産経験者)
僕も長いこと悩んでいたんですよ。

くま吉(借金中)
自己破産すると周りの人にバレないか、その後の人生どうなるのか、気になります。

金太郎(自己破産経験者)
それについて実際に自己破産を経験した僕がコチラの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも転職したい

>> 自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生 <<

 

 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-自己破産
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.