自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産からの復活物語

第7話【希望】逃亡生活その2:身を隠しながら自己破産の準備をはじめる

更新日:

逃走生活その2

 

金太郎(自己破産経験者)
キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。

 

くま吉(借金中)
やっと借金と向かい合うんですね。

 

地方都市でのキャバクラボーイ逃走生活を終え、元上司が立ち上げた会社で働くことになりました。

前回まで

 

1,000万円近い借金はそのままです。もう1年以上返済はおろか、金融会社へ連絡すらしておりません。遅延損害金がどのくらいになっているかも把握していない状態でした。

とりあえず生活を立て直すために、もう一度昼間の会社に勤めるサラリーマン生活をはじめるのでした。

 

 

続く貧困生活

貧困生活

期待に胸を膨らませたサラリーマン生活。

しかし現実は甘くなく貧困から脱却することはできませんでした。

 

私が新たに働き始めた会社は、元上司が立ち上げたとはいえ従業員は5、6名の零細企業です。

昔ながらの営業手法の会社。当然業績が良いはずもなく給料は激安です。手取りで月給20万円届くかどうかの金額でした。3年前は年収1,000万円の給料を貰っていた私も未だに借金1,000万円以上もあり借金取りに追われている状況なので、これだけ安い給料でも他にいくところがありません。

そして新しく会社勤めを始めるにあたって住民票を移動したせいか、借金取りから取り立てが始まりました。

郵便受けには債権回収会社弁護士からの督促状。平日・休日問わず玄関のチャイムが鳴ります。このままではいつ会社にまで取り立てがくるのかを怯えながらの日々です。

 

くま吉(借金中)
なんで急に取り立てがはじまったの?

 

金太郎(自己破産経験者)
住民票を移すと引っ越し先が債権者にバレるんだよ。債権者に住民票の開示請求ができるんだ。

 

また新たに働き始めた会社も業績が悪い状態が続きました。労働時間も長く、朝は7時から毎日深夜まで残業。土曜も出勤。売上が悪い時は日曜日も出勤です。当然残業代や手当代休なんてものは一切ありません。

毎日疲れ果てて帰る薄暗いボロアパート。カップラーメンすら高級品で滅多に食べられません。電気やガス、水道が止められることもありました。

寒い日の深夜に自宅に帰った時にはじめて電気が止められたときは心が折れたのをいまでも鮮明に覚えています。

知らない番号からの着信には出ることもできず、自宅のチャイムにも怯える毎日。

郵便受けには金融会社が雇った弁護士からの督促郵送物が溜まる一方。

電気とガスが止められ冷たい水で身体を洗う日々。

もう生きている意味があるのか、こんな生活が生きているといえるのか、こんな生活が後何年続くのか、これが一生続くのか、そんな不安と絶望に襲われ私の精神状況は本当にギリギリでした。

 

「人生終わったな」

 

毎日そう思うようになっていたのです。

 

ギリギリの精神状態でありましたが、なんとかこの生活から抜け出すことを少しずつ考え出しました。

毎月20万円の給料で生活をしながら1,000万円の返済をするか、このまま一生逃げ切るか、それとも自己破産をすべきか、いろんな方法を考えました。

 

給料20万円では1,000万円の借金を返済することは現実出来ません。延滞利息が増えるほうがはやく、手続きをして利息を止めてもらったとしても完済まで20年、30年とかかります。完済する頃には60歳過ぎる可能性もあり、借金を返済するだけの人生になりかねません。

 

一生借金取りから逃げ切る方法も考えました。住民票を移さず、また別のところに引っ越しをして5年音信を途絶え「時効の援用」をすれば逃げ切るのではないか、とも考えました。

しかし住民票を移さず5年逃げ回るとなると、また仕事を変えなければならず、借金取りに追われている状態でまともな仕事につけるのかの不安がありました。

 

最後の選択肢は自己破産です。

 

自己破産するにはいつくか問題がありました。

ひとつは費用です。私の場合は個人と法人で借金があったので個人の破産と法人の破産の手続きが必要なため、個人のみの自己破産より弁護士費用がかかります。当然そんなお金はありませんし自己破産するためにまた誰かからお金を借りる、というのは現実的ではありません。

 

ふたつめは気持ちの問題です。

「自己破産する」なんてことは社会的に信用を無くし完全なる敗北者になる、ということが受け入れられませんでした。

 

今思えば電気ガスがとまった部屋でまともに食事もできず冷水で身体洗るような生活していて「社会的に信用を無くし完全なる敗北者になる」ことを気にしていること自体がおかしな話なのですが、当時はそれがなかなか受け入れられなかったのです。

 

金太郎(自己破産経験者)
借金を抱えている人だどうして債務整理しないのか、僕にはその理由がわかります。

 

くま吉(借金中)
冷静に考えるとすぐに弁護士に相談するなりして債務整理すればいいのに、と思うんだけどそういうもんなんだね。

 

長い期間悩みました。しかしこのままの貧困生活を抜け出すには自己破産しかない、と考え弁護士に相談することにしたのです。もしダメでもこれ以上人生がひどくなることはありませんから。

もう何も失うものはありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

弁護士を探し回る日々

弁護士を探し日々

 

くま吉(借金中)
弁護士探すっていってもお金がない状態だと探すのも大変だよね。

 

金太郎(自己破産経験者)
そうなんだよ。当時はお金が無い状態で弁護士探すのが本当に大変だったんだ。

 

自己破産をするために弁護士を探しました。

平日は忙しかったので休日相談にのってくれる弁護士を探しました。そしてお金がなかったので相談料無料の弁護士でなければなりません。

最初はわからず弁護士事務所に電話して訪問。30分相談して相談料5,000円をとられたこともありました。

当時は、弁護士事務所に飛び込みで電話したりメールしても「私自身にまったくお金がない」ということで相談にのってくれる弁護士が少なかったのです。

「自己破産するにも弁護士費用かかる。弁護士費用がなければ自己破産すら出来ない。」そんな状態でした。

 

しかし諦めずいろんな弁護士に連絡し、なけなしのお金で電車に乗って相談に行く日々を続けてたところ10軒目くらいにやっと親身に相談にのってくれる弁護士が見つかったのです。

 

自分の債務状況を一覧表にまとめ、その弁護士事務所を訪問。

幸い私の場合は法人の規模が小さかったので個人・法人合わせてもそれほどの金額が掛からず破産手続きが出来る、とのこと。そしてなにより弁護士費用を分割で受けてくれたのです。

もちろん分割の弁護士費用の支払い終えてから破産手続き開始に入るので正式に依頼してから約2年後です。

それでも「正式に依頼したら債権者には弁護士より受任通知を出すので取り立てが止まる」ということで、今まで怯えていた取り立てがとまったのです!

 

本当にあの弁護士に出会って人生が救われました。

 

くま吉(借金中)
分割払いでも、先に弁護士から債権者に連絡してくれるんだね。

 

金太郎(自己破産経験者)
とりあえず取り立てが止まるだけでも日常生活が送れるから本当に助かったんだ。

 

いまであれば自分の借金状況を入力すれば受けてもらえそうな弁護士・司法書士を一度に調べられるサービスもありますが、当時はそんな便利なサービスはなかったので1社1社電話番号を調べて連絡して電車代と相談料払っていたので本当にバカらしかったです。

 

金太郎(自己破産経験者)
コチラの匿名で弁護士・司法書士事務所を探せるサービスがオススメですよ。

 

\ 匿名診断ができます /借金相談カフェ

 

自己破産費用を工面する希望のある日常

 

10軒訪問してやっと親切な弁護士に出会えたものの、弁護士費用として毎月3万円を2年がかりで払わなければなりません。

いまの生活でもギリギリでしたが更に生活費を工面してなんとか3万円を捻出。

これが2年続くと考えると本当に辛い日々でしたが、そこには希望がありました。

いつまで続くわからないこの絶望の日々もあと2年で脱出できる、と考えると頑張れました。

弁護士先生も親切な人だったので裏切るわけにはいきません。これまでさんざん借金の返済は遅れていたのですが、弁護士費用に関しては1回も支払いを遅れることなく2年間払い続けたのです。

 

 

そしていよいよ自己破産の手続きが始まるのです。

 

くま吉(借金中)
厳しい生活にさらに弁護士費用分割払いって大変だったね。

 

金太郎(自己破産経験者)
でも逃げ回っている生活から前に進んでる感じがして、頑張れたんだよ。

 

自己破産手続き開始

次回:第8話【破産】自己破産手続開始

 

金太郎(自己破産経験者)
自己破産すべきかどうか迷っている人はこちらの記事もご覧になってくださいね。実際に自己破産をした私が断言します

 

お金が無くても債務整理が相談できる弁護士の選び方

債務整理で悩んできる方へ僕のように手持ち資金が無くても債務整理が可能・全国対応の弁護士事務所をご紹介いたします。
債務整理を相談するの際に弁護士事務所の選ぶポイントはこの3つです。

 

弁護士を選ぶポイント

  1. 債務整理での実績がある弁護士事務所
  2. 無料相談で初期費用分割(0円)可能
  3. 全国対応でネットから相談可能

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

もうこれ以上一人で悩むことはありません。専門家の力を借りて人生の再スタートをしましょう!

東京ミネルヴァ法律事務所

【東京ミネルヴァ法律事務所】借金問題・過払い金返還請求

【事務所からのPR】

TVCMでおなじみの「東京ミネルヴァ法律事務所」 まずは匿名の無料診断から!
秘密厳守・相談無料・全国対応 費用は分割・後払いも可能です。また家族や会社にバレない方もバレずに手続きする方法を一度相談しましょう。
まずは1分でできる匿名の【無料診断】を受けてみましょう。

 >> 電話相談も行ってます <<

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題・債務整理は一人で悩まずいますぐ解決!
「全国対応」「休日対応」「取り立てストップ」相談は何度でも無料。
専門の弁護士は最適な解決方法をご提案します。

[電話・メール相談無料] 
0120-788-024

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

何社のある借金でお悩みの方今すぐご相談ください。
「月600件以上の相談実績」「初期費用0円分割可能」「全国対応24時間受付」
家族に借金を知られたくない、弁護士費用が用意できない等のお悩みがあっても大丈夫です!
様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

[電話・メール相談無料] 
0120-644-042
《24時間電話受付》

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-自己破産からの復活物語
-, , ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.