自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

債務整理

債務整理手続き中にやってはいけないことってあるの?資格制限・長期旅行などは?

更新日:

債務整理中にやってはいけないこと

 

くま吉(借金中)
ねえねえ金太郎、債務整理中にやってはいけないことってあるの?

 

金太郎(自己破産経験者)
うん。実はいろいろ制限されることがあるんだよ。守らないと債務整理ができなくなっちゃこともあるから気をつけないとだよ。

 

借金を整理する債務整理には、手続き中にやってはいけないことがいくつかあります。

もし債務整理中に制限・禁止されていることをしてしまえば、債権者(金融会社)との交渉が決裂になったり、担当弁護士などが辞任したり、裁判所手続きが中断・却下されてしまうことがあるんです。

ここでは債務整理中にやってはいけないことを解説していきます。

 

スポンサーリンク

債務整理の種類と手続き中にやってはいけないこと

債務整理中にやってはいけないこと

 

債務整理には4つの種類があります。「任意整理(過払い金請求)」「自己破産」「個人再生」「特定調停」です。

基本的には弁護士などの法律専門家に手続きを依頼し、相手の金融会社との交渉、または裁判所での手続きを行います。

  • 「任意整理」は裁判所を通さず、利息制限法の利率にもとづいて借金を圧縮し、3年をメドに分割返済を行います。過払い金請求については民法の不当利得返還請求権に基づき、任意整理と同様な計算を行い、払い過ぎていれば返戻金を受け取るようになります。
  • 「個人再生」は裁判所と債権者に再生計画を承認してもらい、任意整理と同様な方法で債務を圧縮し約3年から5年で分割返済します。
  • 「自己破産」は裁判所から免責許可をもらうことですべての借金の支払免除となります。
  • 「特定調停」も裁判所を通じて債権者と減額や分割支払いについて決めていく方法です。

いずれも手続や手続き後の返済についてそれなりの期間がかかりますが、その間にやってはいけないことがあります。

債務整理のにもよりますが「新たな借金」や「職業制限」です。長期旅行の場合は許可が必要なケースもあります。

以下、種類別に手続き中にやってはいけないことをご説明いたします。

 

「任意整理」の場合

任意整理中にやってはいけないことは、新たな借入です。法律で禁止されている、ということではないんですが、現在借りている債権者(金融会社)と減額の交渉をしている時に、他社から新規借り入れをしていたら債権者に対する印象は悪くなりますよね。

そもそも任意整理のみならず、個人再生や自己破産などの借金を長期滞納中であれば、指定信用情報機関の個人情報に事故歴が記載されるため、通常は新たな借金等ができなくなります。

しかし無登録業者のようなヤミ金と言われるところであれば、貸し出す可能性はあります。まともな金融業者以外から新たな借金を増やす、となれば信用が落ち任意整理手続きが中断させられてしまうのです。また顧問弁護士に内緒で新しい借り入れをする、と弁護士も辞任してしまいます。

同様に顧問弁護士にウソを言わないことです。任意整理は対象を選べるとはいえ、まずは借金の負担を減らすことです。すべて事実を話し、そこから適切な任意整理の方法を弁護士と相談しながらすすめていきます。顧問弁護士には事実を伝え、さらに手続き中に新たな借入など辞めましょう。

 

スポンサーリンク

 

「過払い金返還請求」の場合

過払い金返還請求を弁護士と交渉行っている場合、他の債務整理の方法のような禁止事項はとくにありません。すでに返済済みで期間が過ぎているものに対してさかのぼって金利を計算し直し、減額した分を請求するので、今何かを禁止されるということはありませんよね。

他の債務整理手続き中ではなればとくに制限はありません。

 

「個人再生」の場合

新たな借金はやってないけない

個人再生においても任意整理と同様にまずは手続き中に新たな借金をしないことです。

債権者に対して大幅な軽減を交渉している最中に、他社から新規で借りれしたら再生計画が裁判所で承認されなくなります。また顧問弁護士が辞任、となりかねません。

また個人再生においては、偏波(へんぱ)弁済をしないことです。

偏頗弁済とは、特定の債権者にだけ優先的に支払いを済ませることです。たとえば仲良しの債権者だけにこっそり返済をする、といったことはしてはいけません。これは債権者公平の原則に反することであり、個人再生手続き中にやってはいけないのです。

個人再生でもう一つやってはいけないことが、財産隠しです。清算価値保障原則というものにも反する行為で、債務者が所有している財産の金額に応じて支払いをするということを守っていないことでもあります。

個人再生は裁判所を通じて行う手続きですので禁止されていることを間違ってもしないよう、注意しましょう。

 

「自己破産」の場合

自己破産においても他の債務整理の方法と同様に、手続き中に他から新たな借金をすることはやってはいけません。

また裁判所を通じての手続きになりますので個人再生同様に偏頗弁済等もダメです。最悪は免責許可がおりず借金が残る可能性もあります。

また自己破産は他の債務整理とはことなり、特有の制限事項があります。

まず自己破産手続き中の制限として、資格制限と職業制限です。弁護士や司法書士、税理士といった資格の職業、あるいは警備員や保険外交員などです。とくに弁護士や司法書士等の士業であれば開業登録などが認められないようになります。

ただこれらの資格制限、職業制限はあくまで自己破産手続き中の数ヶ月間のことです。手続きが終われば問題はありません。

 

また居住場所制限を受けることもあります。引越しや長期旅行(国内外問わず)です。ただこれは禁止ではなくちゃんと申請する必要があります。これも自己破産手続き中の期間なので、どうしても行わなければならない事情以外は、引っ越しや長期旅行は控えたほうがよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このように債務整理の手続きによっては制限事項があります。

とく注意しなければならいのは新たな借入です。せっかく債務整理をして新しい出発をしようとしているので新たな借入は辞めましょう。債務整理中に貸出するような金融機関は悪徳な可能性もあります。

また弁護士ともしっかり連絡しあうようにして、手続き中に心配なことは随時相談しましょう。

 

 

 

【必見】借金で苦しみ自己破産すべきかどうか悩んでいる人へ

くま吉(借金中)
いま借金が苦しくて…自己破産するべきかどうか悩んでるんです。

金太郎(自己破産経験者)
僕も長いこと悩んでいたんですよ。

くま吉(借金中)
自己破産すると周りの人にバレないか、その後の人生どうなるのか、気になります。

金太郎(自己破産経験者)
それについて実際に自己破産を経験した僕がコチラの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも転職したい

>> 自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生 <<

  自己破産復活物語続き  

\自己破産からの復活物語/

 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-債務整理
-, , , ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.