自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

転職活動

書類選考に強くなる「履歴書」「職務経歴書」の書き方

更新日:

インターネット全盛となり、一般的には書類よりもデータでのやり取りが多くなった現代であっても、ほとんどの面接・書類選考には「履歴書」や「職務経歴書」の提出が求められます。

また、インターネットの求人サイトからのエントリーであっても、エントリーシートを提出することで履歴書・職務経歴書の代わりとすることがほとんどです。

 

このようなシステムである以上、面接担当は応募者の顔を見るより声を聞くより先に「履歴書」「職務経歴書」に目を通すこととなります。

つまり、応募者にとっては面接担当に見せる「第一の顔」となります。人柄も経歴も、この「顔」から一次的に判断するしかないわけです。

当然その内容が好ましいものでなかったり、または平凡なものであったりすれば、書類選考段階でお断りとなるケースも出てくるでしょう。折り良く面接まで進めたとしても、マイナスからのスタートとなる可能性もあります。

 

この記事では、履歴書・職務経歴書の書き方についてお伝えいたします。

少しの工夫・少しの気遣いで、受け取り手の印象は大きく変わるものなんですよ。

 

 

履歴書・職務経歴書から何を「読む」か

実際の書き方を見る前に、採用担当が履歴書や職務経歴書から何を読み取るかについて見ていきます。

採用担当からすると、応募者を3つの側面から判断しようとします。能力面・性格面・環境面とです。

能力面

学歴やそれまでの職務経歴、資格などから能力を判断します。

客観的な情報に基づくため、採用担当から一番読み取りやすい情報です。

性格面

志望動機やPR等から、性格面を類推します。

他の情報と異なり、あくまで文字に書かれた内容からの類推となりますので、採用担当が一番把握しづらい情報です。

環境面

就労に関する環境面を確認します。結婚の有無や子供の有無など、扶養家族についてももちろんですが、通勤までにかかる時間などもチェックします。

前職からの転職の場合、転職の原因となった状況も確認されるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

履歴書と職務経歴書との違い

 

実際の作成にあたり、履歴書と職務経歴書の違いをはっきりとさせる必要があります。

そもそも、履歴書と職務経歴書とでは何が異なるのでしょうか。

 

まず、フォーマット面に大きな違いがあります。

履歴書は定型のフォーマットが用意されていることがほとんどです。市販されている履歴書を見ても、多少の項目の違いはあれど、記載する内容に大きな違いはありません。

それに対して、職務経歴書にはフォーマットとなるものがありません。市販されている履歴書に「職務経歴書の用紙」がついていることがあるのですが、多くの場合はフリーの記載に適した用紙となっており、細かな項目設定がありません。

 

次に、主だって確認できる内容に違いがあります。

履歴書は「本人のそれまでの経歴や環境面」を記したものです。上記したような3要素はすべて履歴書の中で記されることとなりますので、履歴書のみで大雑把な人物把握は可能です。

アルバイトの場合、多くは履歴書の提出のみ求められます。これは正社員以外の採用は簡易的な人物把握のみで済ませるケースが多いからです。

ただ、履歴書のみでは肝心の職務経験も大雑把にしか判断できません。取得資格を見るだけでは限界がありますし、そもそも資格の形では表現されない職務経験も数多くあります。

 

そこで、職務経歴書の出番となります。職務経歴書は履歴書を補完する書類です。
職務経歴書は文字通り、「就職してそれまでに働いてきた経緯」を記したものとなります。

つまり、今までどのような仕事をしてきたかをわかりやすく確認してもらうための書類です。それまでの経験をアピールすることで、「募集先にどのような経験を買ってもらいたいか」を自己アピールします。

 

スポンサーリンク

 

履歴書と職務経歴書、書き方のポイント

以上で2種の違いを見ていきました。

ここからは箇条書きとはなりますが、履歴書と職務経歴書との書き方のポイントをお伝えいたします。

履歴書・職務経歴書で同じ内容を書かない

転職情報サイトに「履歴書・職務経歴書で自己PRをしよう!」「履歴書・職務経歴書での『志望動機』の書き方」という記事をよく見かけますが、そういった記事でも「履歴書と職務経歴書のどちらに自己PR、志望動機を書くのか」ということはあまり見かけません。

なぜかというと、どちらに書いても問題ないからです。履歴書を補完する書面が職務経歴書である以上、どちらかに必要事項がしっかりと書かれていれば全く問題ありません。

ただし、双方に自己PR、志望動機が書かれているのはしつこい印象を与えます。やはり片方に絞って、あるいは片方は簡便に、もう片方は詳細に書く形とすべきでしょう。

例えば経験のある職種に応募し、その経験を大きくPRしたい場合は職務経歴書に自己PRを書くべきです。

職務経歴書ではアピールポイントを絞る

様々な経験をアピールするのは結構なのですが、職務経歴書は元来「見られる」ために書くものです。色々と付け加えすぎて、読みづらい内容になるようであれば本末転倒でしょう。

職務経歴書では、応募した職務に関わるもの、そしてそこに付随する業務を中心に書いていくとよいでしょう。

見えづらい「性格面」をアピールする

前述の通り、性格面は書類からでは最も見えづらいポイントとなります。
こちらが意図的にアピールしない限り、性格面を伝えることは出来ません。

特に「仕事に対する意欲」「その企業に応募した理由と思い」はしっかりと書いてアピールすべきです。
その際に、ありふれた言葉を使うだけでは全く印象に残らないものとなります。

拙くとも、自分の言葉でしっかりと書けるようにしましょう。

それには、応募先企業の綿密な下調べは必須となります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、履歴書・職務経歴書の書き方について見ていきました。

なお、本文では割愛しましたが、「誤字脱字がない」「敬語や丁寧語が誤りなく使えている」「指定の書式があればその形式に従う」「嘘偽りのない内容を書く」「全ての会社に対して内容が全く同じ書類を送らない」のは基本中の基本です。

基本の形式を守りつつ、オリジナリティをいかに出すか。また、「採用担当に見られる」ことを意識して書けるか。

工夫の仕方は十人十色かつケースバイケース、それこそ画一化したひとつの形式に絞ることはできません。

「書き方」をお伝えするに当たってモデルケースを提示できないのは非常に心苦しいのですが、「募集先が何を望んでいるか」「自分が何をアピールしたいか」をしっかりと考慮して履歴書・職務経歴書を作成してください。

 

 

【必見】フリーター・未経験から理想の会社に正社員就職するためには


フリーター・未経験でも大丈夫!求人倍率が好調の今なら望のお仕事につけるチャンスです。急ぎましょう。

ただ経験がないと転職活動も難しいですよね。そこでフリーター・未経験に強い転職エージェントを利用しましょう。もちろん無料で利用できます。お仕事紹介以外にもいろいろなサポートが用意されてますので使わない手はありません。

くま吉(底辺労働者)
どこの転職エージェントを利用すればいいの?

金太郎(底辺から転職成功)
転職エージェントの選ぶポイントはこちらです。
 

選ぶポイント

  • フリーター・未経験に強い転職エージェント
  • お仕事紹介だけではなくトータルでサポート
  • 実際に足を運んで調べた企業を紹介これはダミーのテキストです

この3つのポイントがそろっているフリーター・未経験向けの転職エージェントを探しました。この3社はそれぞれ特性がありますが登録は無料ですのでまずは登録をしてみましょう。

フリーター・未経験から理想の会社に就職するためには転職エージェントの利用が重要です。

就職Shop(リクルート)

【PRポイント】

リクルートグループが運営する『就職Shop』では経験の少ない20代向け就職支援サービス。『就職Shop』社会人未経験の方でも大丈夫です。

書類選考なし」「企業は100%取材」「幅広い職種での求人」「4人に3人は正社員未経験」といった特徴があります。未経験・フリーターはまず『就職Shop』に相談しましょう。

 

 

JAIC(ジェイック)

【PRポイント】

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!
JAICが紹介するお仕事は「1.正社員の仕事のみ」「2.外食・投資不動産といった離職率高い業界は紹介しない」「3.実際に足を運んで調べた企業」といった特徴があります。
30秒で登録可能ですのでまずは無料登録を。

 

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

【PRポイント】

第二新卒・フリーター・既卒から正社員就職をお考えのあなた、レバレジーズが未経験OKの優良求人をご紹介致します。

カウンセリングから就職まで、1対1の丁寧なサポートは全て無料です。私達と、今から一緒に就職活動始めませんか?

 

 


 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

  金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまったくないね。   ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-転職活動
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.