自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産

ギャンブルで自己破産って本当はできるの?またそれはどんな場合

更新日:

借金の原因がギャンブルである場合、自己破産するとどうなるのでしょうか?

これに関しては「免責が下りて借金がゼロになることもあれば免責が下りないこともある」とケースバイケースなのです。

ここではそんなギャンブルと自己破産の関係について、基礎的なことを踏まえながら、説明して行きます。

 

自己破産には免責不許可事由がある

免責できない

 

自己破産には免責不許可事由というものがあります。

その名の通り自己破産の免責が許されないケースです。賭け事や過剰な浪費が該当し、このためギャンブルの借金は免責されないと解釈されています。

また賭け事や浪費以外であれば、財産を隠したりやクレジットカードの現金化、あるい偏頗(へんぱ)弁済と言われる偏った返済でも、免責不許可事由となっています。

金太郎(自己破産経験者)
こちらの自己破産ができないケースとは?で詳細をご説明しております。

 

 

免責不許可にならない目安額

ギャンブルでの借金が自己破産における免責不許可事由に当たることは言われていることですが、実際はギャンブルの借金であっても免責されることがあります。

たとえばギャンブルがきっかけでお金を借りても、それ以上に生活費のための借金があれば免責不許可事由には該当しません。

目安として生活費の約30パーセントまではギャンブルのための借金であっても、免責されることがあるようです。もし100万円の借金をしていれば30万円まではギャンブルで使っても自己破産の対象になるということです。これはギャンブルがきっかけで借金をしても同様なこととなっています。

ただし、ギャンブルを続けるためだけに借金をしたのであれば、免責不許可事由に該当するということでしょう。

金太郎(自己破産経験者)
判断が分かれるグレーな内容になってくるので詳細は無料相談を行っている弁護士に相談しましょう。

【無料】匿名で最適な弁護士・司法書士を紹介してくれるサービス

無料・匿名で自分の借金状況を入力すると最適な弁護士・司法書士を紹介してくれるサービスです。

 

画面サンプル:完全無料で匿名で診断が行なえます

画面サンプル:完全無料で匿名診断が行なえます

 

こちらから診断が行なえます⇒『無料減額シミュレーション

 

裁量免責ということもある

自己破産は法律で認められたものであり、裁判官が最終的な決定をします。そのため、裁判官の裁量が大きく影響するとも言われています。ギャンブルにおける借金も、結局は裁判官の裁量に委ねられています。こういう裁判官の裁量による自己破産の決定を裁量免責と呼んでいます。

たとえば、競馬をするために借金をした人も裁量免責されたことがあります。またキャバクラなどに入れ込み浪費した人や大学生の子供への仕送りでも、裁量免責されたことがあります。

しかしやはりそういった事情の場合の自己破産は免責難しくなることがあります。

また二度目の自己破産の申し立てで前回もギャンブルで今回もギャンブルであれば、ギャンブルをやりたいがための借金と見なされやすく、裁量免責であっても期待できないでしょう。

 

一部で行われている「免責観察型管財事件」とは?

自己破産には同時廃止と破産管財というものがあります。

同時廃止とは申し立てと同時に手続きが始まるもので財産がない人が対象となります。一方、財産が20万円以上あれば破産管財となり裁判所から選任される破産管財人が財産処分などを行うようになります。

この破産管財の一種で免責観察型管財というものがあります。一部の裁判所でしか行われていませんが破産管財人が現在の申立人の金銭などの管理状況を一定期間観察し、それを元に裁判官が裁量免責を決めるというものです。

借金の状況をしっかり見てもらえるため、ギャンブル中心での借金を自己破産したい場合は注意しなければなりません。

一部で行われているため法律専門家に依頼する際に確認する必要があります。

そしてまた免責観察型管財も絶対ではありません。破産管財人の状況把握やそれこそ裁判官の裁量によって免責が許可されないこともあります。

 

他の債務整理でも同じだろうか?

他の債務整理

債務整理には自己破産以外のものもあります。

政務整理の方法によってはギャンブルに関係なく借金を整理することが可能です。しかし、返済義務を完全に免れることにはならず、あくまで借金返済計画の見直しであり減額したとしても返済をする必要があります。

ではどのようなものでしょうか?

まず個人再生があります。これは住宅ローン以外の借金を整理するもので、約3年から5年を目安に返済するように圧縮します。裁判所と債権者に再生計画を認めてもらう必要があります。

参考「個人再生」を行ったその後の生活はどうなるの?

 

また任意整理という方法があります。これは裁判所を通さずに債権者との交渉で借金を見直します。約3年を目安に借金を整理しますが、継続した収入のある人が対象です。

参考任意整理はこういう人がオススメ

 

最後に過払い請求があります。これは民法の不当利得請求権に基づき、利息制限法の利率を元に借金を再計算します。しかし2010年6月以前の借金であるか過去10年以内に完済した借金に限られています。

 

ギャンブルでの借金も自己破産できるの まとめ

自己破産には免責不許可事由というものがありギャンブルの借金が該当しますが、実際は免責が下りるケースもあります。生活費の約30パーセントまでは当てはまらず、裁判官の裁量によって決定される裁量免責となることもあるのです。また地域によっては免責観察型管財というものがあり現在の状況を把握することでギャンブルの借金でも、裁量免責されることがあります。

 

金太郎(自己破産経験者)
今回のケースは判断が分かれるグレーな内容になってきますので、詳細は無料相談を行っている弁護士に相談しましょう。

 

【無料】匿名で最適な弁護士・司法書士を紹介してくれるサービス

無料・匿名で自分の借金状況を入力すると最適な弁護士・司法書士を紹介してくれるサービスです。

 

画面サンプル:完全無料で匿名で診断が行なえます

画面サンプル:完全無料で匿名診断が行なえます

 

こちらから診断が行なえます⇒『無料減額シミュレーション

 

匿名で無料で行えます。スマホからもわずか2、3分で入力できます。一社一社知らない弁護士事務所の連絡することはありません。まずはこの「無料減額シミュレーション」で匿名診断をしてみましょう。

 

くま吉(借金中)
まずはこれで無料診断してみるよ。匿名で最短10秒でできるんだね。

 

こちらから診断が行なえます⇒『無料減額シミュレーション

 

金太郎(自己破産経験者)
自己破産すべきかどうか迷っている人はこちらの記事もご覧になってくださいね。実際に自己破産をした私が断言します

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.