自己破産からの復活

この物語は実話です。自己破産しても人生はやり直せます。

自己破産からの復活物語

第2話【融資】高金利での借り入れ 

更新日:

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。

前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連サービスということで上場企業からの支援の話や個人投資家からの出資の話もありましたが、独立性を保ちたいと思いすべて断り、自分たちで資金を集めることに。

資金集めと言っても方法としては「お金を借りて金利を付けて返す」という融資しか方法が我々にはありませんでした。立ち上げ間もない会社だったため銀行や信用金庫からの融資は期待できず、可能性があったのは「国民生活金融公庫」(現:日本政策金融公庫)でした。

 

 

 

通らない融資審査

国民生活金融公庫の支店へ融資申込書類を取りに行き、書類の書き方の説明を受け書類作成を開始。

国民生活金融公庫と言えども、創業計画書(どういった事業を行うのか、売上見込、予定の仕入先、現在の資金状況、代表者略歴などを記載)や登記簿謄本、代表者が連帯保証に入る借入申込書など、しっかりとた書類準備必要となります。

 

日本政策金融公庫 創業計画書

出典:日本政策金融公庫HPより

 

一通り書類を準備し希望融資額を500万円に設定し、融資担当者にアポイント取り面談。その時面談に立ち会ったのが30歳前後の感じの悪い若い男性でした。正直、2005年頃「国民生活金融公庫」の担当者なんてインターネット関連サービスのことなんて分かってないだろうから、適当に儲かる話を言っても大丈夫だろうと、油断をしておりました。

しかしながらその感じの悪い男性職員は、インターネット関連のニワカ知識はあるようで、意地悪な質問をしてきました。

 

「いまさらブログサービスなんて遅いんじゃないですか?」

「インターネット業界は2番手、3番手で参入しても勝てませんよ。」

 

まるで融資審査を落としたいかのような質問が次々と投げかけられました。

心のなかでは『政府からの公的な資金で守られて、こんな楽な商売やっている奴に何が分かる!』と思いましたが、担当者に嫌われては元も子もないので、ご指摘を謙虚に受けとめつつ、「どうやって事業を伸ばして行くのか」を何とか回答。それほど良い雰囲気ではないまま面談は終了。「結果は1週間後にご連絡します」とのこと。

 

当時若かった私は『政府が国民のために運営している機関』のくせに何故融資を落とすような勢いで質問をするのかと、憤りを感じましたが、ここで500万円の融資が下りなければ事業自体立ち上げが困難になるため神にも祈る思いで1週間を過ごしました。

1週間後、例の感じの悪い男性職員より携帯電話に連絡が。結果は「融資は出来ない」とのこと。

融資が下りなければ事業自体が立ち上がらない、一緒に起業に参加した部下3名にも顔が立たない、そう思った私は電話で「なんとかして欲しい、必要であればいくらでも追加の情報を出すので再審査をしてほしい」と必死に食い下がり、「・・・厳しいですが再考して3日後に連絡します」と言われましたが、結果、3日後に「融資はできません」と同じ回答が。

一連のやり取りで融資審査として大きくマイナスに響いたのが事業計画の甘さももちろんありましたが「代表者自身の個人借入状況が良くない」とのことでした。

当時、会社員の時に調子に乗り外車を購入した際のローンが200万円以上残っていたのです。当たり前ですが、代表者個人の与信状況はCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターで確認を取っているんです。融資申込書類にも書いてあります。

 

日本政策金融公庫HPより

出典:日本政策金融公庫HPより

 

 

『政府が国民のために運営している機関』がなぜ貸さないのだ!と怒りましたが、今となっては国民の税金が元となっているので、血税が貸し倒れにならないよう私のような軽薄は起業家には絶対に貸さない、という判断は正しかったんだと思います。

 

 

高金利での借入を行う

「国民生活金融公庫」(現:日本政策金融公庫)の融資審査が通らなかった私は他に借りれるところが無いか奔走します。起業の際に声をかけた部下3人は既に退職の準備しており、いまさら後に引けません。

いろいろ調べましたが当時創業間もない会社に融資してくれる銀行として、新銀行東京という銀行がありました。

新銀行東京

 

新銀行東京は2005年東京都知事石原慎太郎の旗振りの下、中小企業に対する無担保融資などを行い資金繰りに悩む中小企業を支援しその事が日本経済再生の原動力になるとした石原元都知事のの肝いりで立ち上がった銀行でした。

融資を受けるチャンスはあったものの、創業間もない会社向けの融資は金利が高く年利8%での融資を行っておりました。(国民生活金融公庫は1~3%で融資期間も長い)

背に腹は変えられなかった私は新銀行東京の窓口へ。融資関連の書類を集め新銀行東京の融資面談に挑みました。一度「国民生活金融公庫」で経験しているので面談はスムーズに終了。後日300万円分(年利8%)で正式に融資が決定。しかしながらまだ自己資金500万円・外部出資300万円に融資500万円で合計1300万円での事業運営を予定しておりましたで200万円分が足りません。もう時間も無かったので残り200万円分は私がクレジットカードのキャッシングとカードローン会社2社(いずれも金利15%)から借りることに。

事業したこと有る方なら分かると思いますが、運転資金を金利8%や15%といった高金利で借りたらまず返せません。よほど少人数で利益率の高いビジネスであれば別ですが、創業間もなく利益が出るのにある程度時間が掛かる事業を行うのに、高金利でお金を借りても事業が立ち上る前に確実に破綻します。高金利で借りたお金はあっと言う間に運転資金として消え、高い利息をつけて返済する日々が始まりますが、事業が立ち上がってないので返せる宛が無いのです。

冷静に考えれば分かることが、国民生活金融公庫に融資を断られ、起業仲間の部下3人の事を考えそれが焦りとなり、判断力がぶっ壊れていたんだ、と今感じております。(ちなみに新銀行東京は開業わずか3年後に1,400億という負債抱え破綻します。そのうちの1社300万円が私の会社です。)

 

◆起業スタート時の資金状況

自己資金 500万円(創業メンバー3名の合計)

外部出資 300万円(個人投資家より)

融資  500万円(金利8%~15%で2社)

合計 1,300万円

 

これで事業が本格的に開始しました。

 

高金利で運転資金借りたら破綻する

 

しかし、こんな稚拙な起業計画だったので当然ながら事業開始後も様々なトラブルに巻き込まれます。そして小説やドラマのように乗り換えられると思っていたそれらのトラブルは乗り越えられることはなく、数年後金利で膨らんだ多額の借金を私は一人背負い、自己破産という道へ進むのでした。

 

次回:第3話【焦燥】立ち上がらない事業

 

The following two tabs change content below.
金(かね)太郎

金(かね)太郎

2005年に起業したものの2008年に経営に行き詰まり借金地獄へ。その後逃走するかのように地方を転々とする。地方の中小ブラック企業で働きながら弁護士費用を貯め、2012年に自己破産をする。その後ホワイト上場企業への就職・結婚・出産、2016年についに念願のクレジットカードを手に入れる。 借金地獄から自己破産、そして復活までを余すこと無くご紹介いたします。

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。   自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代 20代も後半になろうとした時、私は大手 ...

高金利での借り入れ  2

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。 前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連 ...

立ち上がらない事業 3

なんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができましたが、これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、オフィスの家賃を払い、借金返済をしなければなりません ...

去っていく仲間たち 4

なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。 当初の起業目的だったブログサービス運営はシステム購入から外注開発会社へのレベニューシェア契約開始まで半年かかり ...

滞る借金返済からの取り立て 5

起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でSEO対策の契約 ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

-自己破産からの復活物語
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活 , 2017 All Rights Reserved.