自己破産からの復活物語

自己破産は終わりじゃない はじまりなんだ

個人再生

個人再生とはどんな手続なの?債務整理経験者が語るその手続内容について

更新日:

借金を整理する債務整理の中でもちょっと変わった名称の「個人再生」。

個人再生とは、債務が全額免除になる「自己破産」とは違い、裁判所を通じて債務を「減額」してもらうものですがマイホームや車といった財産を残すことが可能な手続きなんです。

「多額の借金で抱えているものの自己破産をしてしまうとマイホームが取られてしまう」そんなお悩みの方の最適なのです。

では「個人再生」とは具体的にどのような手続きになのか法律的な難しいことを抜きに、わかりやすくご紹介いたします。

 

個人再生とは?

個人再生とは

 

個人再生とは裁判所を通じて行う債務整理の手続きです。

裁判所を通すので手続き書類などは必要ですが、借金を原則5分の1に減額することが可能です。支払期間も3年〜5年となります。

500万円の借金がある場合、そのまま5年かけて返済すると月83,000円以上必要になります(任意整理で金利がとまったとしても)。普通のサラリーマンだと毎月83,000円以上を5年間払い続けるのは相当苦しいですよね。途中で挫折してしまうこともあります。

それが個人再生を行えば5分の1の100万円に減額することが可能なのでもし3年で返済となると月28,000円ほどになるため、金額・期間としても返済可能になります。

更に個人再生の最大のメリットは財産となる住宅や車を残すことも可能です。マイホームなどを持っている人で自己破産だと没収されてしまうことを心配して手続きを進められない人に向いています。

そして自己破産のように「職業の資格制限」もありません。

更に自己破産だとギャンブルや散財した場合は「免責不許可事由」として免責が下りない可能性もありますが、個人再生の場合は理由は問われませんのでギャンブルでの借金でも個人再生手続きを行うことが可能なのです。

 

  自己破産の場合 個人再生の場合
借金 全額ナシ
(免責許可の場合)
原則5分の1に減額
(返済期間は3年〜5年)
財産 一定額以上の財産は没収 マイホームや車など残せる
職業制限
(手続き中)
制限あり
(警備員・生命保険募集人など)
ナシ
借金の理由 ギャンブルや散財の場合、
免責不許可事由にあたる可能性あり
借金の理由は問わない
仕事の有無 無職でも可能 原則仕事している人に限る

 

このように「自己破産」で財産があったり職業制限の問題で手続きが難しいという人でも個人再生であれば可能になるのです。

それともう一つ個人再生には自己破産にはないメリットがあります。

個人再生の精神的なメリット(債務整理経験者より)

自己破産は免責がおりれば借金がゼロになります。いままで苦しみの原因だった借金が無くなる、最高の手続きのようにも思えます。その反面自己破産の場合すべてを投げ出してしまった、という無責任感・敗北感を人によっては感じるのです。

しかし個人再生であれば5分1といえども借金の返済を行います。減額したとしても「責任の一部はまっとうした」という思いは残るのです。

私は「自己破産」すべきか「個人再生」すべきか迷いました。結果、マイホームも車もなかったので「自己破産」をしました。感じる必要はないんですが自分で背負った借金をすべて投げ出してしまった、という敗北感をおぼえることがありました。

マイホームも車も職業制限の問題もなければ自己破産がオススメです。もし守るべき財産があるのでしたら「個人再生」を選択すべきです。よさらに精神的にも「一部は返したんだぞ」という思いも残る、というメリットもあるのです。

あわせて読みたい自己破産ってデメリットあるの?実際に自己破産した私が断言

 

個人再生の手続きに必要な書類

個人再生のための準備

自己破産同様に個人再生も手続きの難易度は高いので法律の専門家である弁護士・司法書士に相談しましょう。

弁護士に相談するにあたって用意する書類は以下になります。それ以外に必要なものなどは弁護士から指示があるはずです。

「収入」を証明する書類を用意する

給料明細が一般的ですが、源泉徴収票でも構いません。
この収入を証明する書類を元に再生計画案を立てます。

「保険」を証明する書類を用意する

加入している保険は必ずしも解約する必要はありません。
ただし再生するにあたり、保険料が高額であったり不要の保障がついていると、どうしても無駄な出費となります。
「毎月の出費をこれだけ抑えれば、債務は支払える」とアピールできますし、債務返済をより現実的にするものになるでしょう。

 

「通帳」や「有価証券」「その他の資産」のリストを用意する

通帳や有価証券、その他の資産のリスト

これも現金または現金化できるものですから、これらを債務の圧縮に利用できるでしょう。

 

「債権額」がどれくらいあるかを示す書類を準備する

再生計画案において、返済可能かどうか判断するものになります。これを用意して、より具体的な「個人再生」のための準備になります。金融機関からの借り入れ明細など、借金が残高がわかるものを準備しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

個人再生手続きの流れ

具体的な「個人再生」
自己破産の場合は全ての債務が対象ですが、個人再生の場合はどの債務を債務リストにあげて借金の減額対象にするのかを選ぶことができます。

「債務リストにあげた債務が概ね5分の1に圧縮されたとして、それにプラスして債務リストにあげなかった債務を払い続けて3年で完済できるか」を考えます。

もしできないとなれば、債務リストの中身を入れ替えたりなどして現実的な方法を再度検討します。この作業で例えば車を手放すか、所有したままなのかを決めていきます。

返済が現実的なのかどうかは弁護士などの専門家に相談しましょう。場合によっては「自己破産」などの手続きも合わせて検討する可能性もあります。

 

弁護士から債権者に「受任通知」を送る

弁護士から債権者に「受任通知」を送ります。これで債権者から借金していてる本人への取り立てがストップします。

この受任通知が債権者から返送されると、次は「申し立て」準備にかかります。

個人再生の申立書を地方裁判所に提出

申立書を管轄の地方裁判所に提出します。これでようやく公的な手続きに入ります。

 

「家計収支表」を作成する

個人再生の申し立て書を提出したあと、数か月「家計収支表」を作成します。
内容は、毎月の収入、家賃、光熱費、通信費、交通費、教育費、雑費など具体的な支出、年金や児童手当などの公的な収入などを一覧表に記載します。

通帳に積み立てを行う

これが自己破産と大きく違うところです。この積み立てにより今後毎月返済していく能力や意思があるかを判断します。

裁判所が指定した銀行口座に決まった金額を振り込みます。期間は一定期間です(6ヶ月程度)。

 

「再生計画案」を提出する

「家計収支表」と通帳と共に裁判所に「再生計画案」を提出します。

 

「再生計画案」が認可されれば、いよいよ支払いを開始する。

ここまできてやっとスタートラインに立つことができます。
指定された、振込口座に決められた日に毎月一定額を振り込みます。
期間は3年(36か月)が普通ですが、5年(60か月)の方もいます。

あわせて読みたい「個人再生」を行ったその後の生活はどうなるの?

 

個人再生とはどんな手続なの? まとめ

「個人再生とはどういう手続きなのかご紹介してきました。

自己破産とはまた違ったら方法での債務整理となります。自己破産がよいのか個人再生がよいのか、それぞれメリット・デメリットがありますのでよく検討しましょう。

また裁判所を通す手続きとなりますので実際に個人再生を行うには弁護士に相談しましょう。相談無料の弁護士をこのサイトでも紹介いたしております。

 

個人再生は債務が5分の1に圧縮されるとしても一定期間での返済が必要となる手続きです。債務が大きくなればなるほど「個人再生」の方法がとれなくなってしまいます。一人で悩まずに専門家に相談しましょう。

毎月の返済に追われ苦しんでいるあなたが少しでも早く再生できること願っています。

金太郎(自己破産経験者)
自己破産すべきかどうか迷っている人はこちらの記事もご覧になってくださいね。実際に自己破産をした私が断言します

 

お金が無くても債務整理が相談できる弁護士の選び方

債務整理で悩んできる方へ僕のように手持ち資金が無くても債務整理が可能・全国対応の弁護士事務所をご紹介いたします。
債務整理を相談するの際に弁護士事務所の選ぶポイントはこの3つです。

 

弁護士事務所を選ぶポイント


1.債務整理での実績がある弁護士事務所
2.無料相談で初期費用分割(0円)可能
3.全国対応でネットから相談可能

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

もうこれ以上一人で悩むことはありません。専門家の力を借りて人生の再スタートをしましょう!

弁護士法人サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)は全国対応・初期費用も¥0で、お手持ちがなくても相談可能な弁護士事務所です。
24時間借金に関する無料相談を受け付けています。
「家族に借金を知られたくない…」「手持ちがなく、弁護士費用が用意できない…」等のお悩みがあっても大丈夫です!

月600件以上の相談実績があります。様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえであなたにとって最適な借金解決方法をお答えします。まずは無料相談までご連絡ください。

弁護士法人サルート

【事務所からのPR】

「借金返済中心の生活から脱出!」「 借金はもうたくさん!やり直したい!」と思う方は弁護士法人サルートにご相談ください。家族に内緒の借金も秘密にしたまま整理可能です。

「相談無料」「24h365日受付」「全国対応」「初期費用0円」

費用は分割可能、家計の状況に合わせ、弁護士費用のお支払いも柔軟に対応します。
至急対応も可能です。 取り立て、督促に対してスピーディーに対応、職場やご家族に内緒で手続きも可能です。

心の経験と実績!粘り強い交渉で、ご依頼者様に出来るかぎり有利な条件で和解交渉を締結します。 ご返済も毎月の返済額を可能な限り減額し長期分割します。

おしなり法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題解決するならおしなり法律事務所。全国どこでも相談・依頼OKです。『債務整理』の依頼をすることで取り立ては即日ストップ!
着手金の分割払いもOK。もちろん相談も無料です。借金を抱え、悩んでいる方たちの多くには債務整理という手続きで借金生活から救われる方法があります。

債務整理の手続き依頼後より、支払いや取り立てを直ちに止めることができます。あなたに合った手続きを見つけ、少しでも早くその苦痛から抜け出し、明るい未来のために再スタートをしましょう。まずはホームページにアクセス。

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。    目次1 自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代2 少ない資金で ...

高金利での借り入れ  2

  インターネット関連のベンチャー企業を仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げそして運営していくにあたって資金があと500万円ほど足りないという問題がありました。(前回『 ...

立ち上がらない事業 3

  当初の予定よりは高金利にはなったもののなんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができました。 これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、 ...

去っていく仲間たち 4

  なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。(前回『第3話【焦燥】立ち上がらない事業』) 当初の起業目的だった独自のブログサービス運営はシステ ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でS ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

希望 7

地方都市でのキャバクラボーイ生活を終え、元上司が立ち上げた会社で働くことになりました。 前回まで 1,000万円近い借金はそのままです。もう1年以上返済はおろか、金融会社へ連絡すらしておりません。 と ...

やり直しの人生 8

生きるか死ぬかギリギリのところの生活が続きましたが、なんとか知人の会社で働きながら弁護士を見つけ、自己破産に向け手続きを開始したのです。 前回まで   私の場合は個人と法人の破産手続開始が合 ...

9

2005年に借金をし、その後事業で失敗をして借金総額1,000万円。途中借金取りから逃げ出したりもしましたが2012年の自己破産を行い念願の免責がおりたのです。 前回までの続き   最後にお ...

-個人再生
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.