自己破産からの復活

この物語は実話です。自己破産しても人生はやり直せます。

任意整理

任意整理とはどういう手続なのか

投稿日:

一口に「債務整理」といっても様々な方法があり、債務の状況や、今後の返済の可否などにより、自身にとって最適な方法を選ぶ必要があります。
では、任意整理とはどのような手続きなのか、見ていきましょう。

 

任意整理の特徴

任意整理の特徴

借金を減額できる

任意整理を行うと、借り入れ当初までさかのぼって利子を再計算します。もし、利息制限法で法定されている金利(15%〜20%)を超えている場合は、法定金利まで引き下げて計算し直し、払い過ぎた金利(いわゆる「過払い金」)がある場合は、これを残債務額から差し引きます。
また、将来発生する予定だった金利(将来金利)については、原則として全額カットし、債務額を確定します。

 

裁判所の関与は無い

任意整理は、自己破産や個人再生などと異なり、裁判所の関与はありません。債務者と債権者との和解交渉により、債務額の確定や、今後の返済方法の合意をします。
任意整理の交渉は、債務者自らが行うことも可能ですが、法律の知識がない人が交渉に臨んでも、順調に進まない恐れがあります。通常は、弁護士や司法書士などの専門家が、代理人となって行います。

 

返済期間は原則5年以内

任意整理による返済期間は、一般的には3年〜5年となります。
債権者との和解交渉で、無事合意に至った場合は、和解契約を締結し、返済開始となります。

 

周囲にバレない

自己破産など裁判所が関与する手続きだと、裁判所からの郵送物などにより、家族などの同居人に、借金があることや債務整理したことがバレる可能性があります。また、官報にも掲載されるので、債務整理したことが公になってしまいます。
一方、任意整理の場合は、裁判所の関与が無く、債務者側の窓口は、委任した弁護士等になるので、債権者から郵送物が送られる心配はありません。もちろん官報などで公になることも無いので、周りに知られずに進めることができます。

 

借金の原因は関係ない

自己破産の場合、借金の原因がギャンブルや過度な浪費だと、免責が認められない可能性があります。
一方、任意整理の場合は、借金の原因や経緯に関係なく進めることができます。

 

財産処分の必要は無い

任意整理の場合は、財産の処分義務はありません。

 

任意整理の流れ

任意整理の流れ

ここでは、弁護士に委任した場合の流れを説明します。

弁護士との面談

まずは、委任する弁護士に連絡を取り、面談を行います。
ここで、債務の状況や自身の資産・収入などを伝え、今後の返済金額について、自身の希望を伝えます。

 

委任契約の締結

自身の希望を伝え、弁護士から了承が得られれば、任意整理交渉についての委任契約を締結します。相談が一回で済めば、面談当日にすることもあります。

 

弁護士費用の支払い

多くの弁護士事務所で、分割払いを認めているので、必ずしも一括で支払うことはありません。
ただ、分割回数は、弁護士事務所によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

過払い金返還請求

過払い金がある場合は、業者に対して返還請求を行い、戻ってきた分は債務に充当して、借金を減額します。
なお、過払い金返還請求の委任も、任意整理の委任契約と同時にするのが一般的なので、改めて委任契約を締結する必要はありません。

 

債権者との和解交渉

弁護士と債権者との間で、今後の返済方法に関する話し合いを行います。将来金利のカットも、この段階で話し合い、債務額を確定します。

 

和解契約を締結

無事に和解交渉が終わると、債権者と和解契約を締結します。
和解契約書が作成されるので、完済するまで必ず保管しておきましょう。

 

返済開始

ここからいよいよ、任意整理計画に基づく返済がスタートします。
なお、返済については、債務者から直接債権者へ振り込む方法と、委任した弁護士事務所等に毎月返済金を預け、その事務所が債権者への振り込みを代行するという方法があります。これに関しては、委任した事務所により異なります。振り込みを代行してもらうことになった場合は、毎月債権者の数に応じて、代行手数料がかかる可能性があるので、委任する前に、必ずチェックしましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
みやぞん

みやぞん

任意整理経験の元金融機関サラリーマン。弁護士を目指したこともあり、法務関連も詳しい。しかし任意整理経験者。現在は金融・法務関連ライターとして活躍中。
みやぞん

最新記事 by みやぞん (全て見る)

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。   自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代 20代も後半になろうとした時、私は大手 ...

高金利での借り入れ  2

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。 前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連 ...

立ち上がらない事業 3

なんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができましたが、これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、オフィスの家賃を払い、借金返済をしなければなりません ...

去っていく仲間たち 4

なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。 当初の起業目的だったブログサービス運営はシステム購入から外注開発会社へのレベニューシェア契約開始まで半年かかり ...

滞る借金返済からの取り立て 5

起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でSEO対策の契約 ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

-任意整理
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活 , 2017 All Rights Reserved.