自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産

官報(かんぽう)って何?自己破産すると官報に載るってほんと?

更新日:

自己破産をするデメリットの一つに「官報に名前が掲載される」ということがあります。

官報とは国が発行している広報誌のようなものですが、一体どうして官報に名前が載るのでしょうか?また、具体的にはどのような内容でいつ頃に掲載されるのでしょうか?ここでは自己破産と官報について解説して行きます。

スポンサーリンク

官報(かんぽう)とは?

官報は国が発行する広報誌のようなものです。定期的に公開され法律や条約などの公布や重要事項の告知などが行われます。

国家機関と国民をつなぐ役割もあり、インターネットや紙面などで基本的には誰もが閲覧することができます。

 

官報の表紙

参考インターネット官報

 

官報に掲載される理由

官報に載る理由

 

では、なぜ自己破産をすると官報に名前が掲載されるのでしょうか?

自己破産の手続きは裁判所を通して行われます。同時廃止であっても破産管財であっても同様です。しかも裁判には公開の原則があり、手続きであっても裁判所を通した場合、何らかの方法で一般に知らせる必要があります。

自己破産の記録は、個人情報と言えばその通りでしょう。しかし社会的な目で見た場合、金融取引の信用度にも影響します。したがって官報で公開する必要があるのです。

 

また金融取引の信用度は、とりわけ金融機関においては重要でしょう。銀行であっても消費者金融であっても、あるいは、クレジットカード会社であっても、信用度の低い人に融資をしたりカードを発行したりすることはできません。

したがって、官報に掲載することは、広く社会的な影響度の高い金融機関等が参照するための意味合いもあります。もっとも金融機関は、個人信用情報機関と契約しています。審査の際は必ず参照し、金融取引履歴を把握するようにしています。

金融機関からすれば、むしろ官報よりも信用情報機関の記録の方が重要視される傾向にあります。

 

官報にはどんな内容でいつ頃に載る?

官報に掲載される自己破産の情報は、事件番号や住所や名前です。名前は債務者と記述され主文や理由など裁判所の判決文のような形式です。また手続き開始と免責決定後の計2回に渡って、官報に載ることになります。

また、通常手続き開始でも免責でも決定されてから約2ヶ月後に名前を見ることができます。さらに、官報は国の広報誌のようでありながらも、政府が発行しています。政府の新聞とも見なされているため、発行は毎日に及んでいます。

金太郎(自己破産経験者)
実際には官報なんて読んでる人周りにいませんのでそんなに心配する必要はありません。私も自己破産しましたが自分の名前みつけられません。

参考自己破産ってデメリットあるの?実際に自己破産した私が断言

 

官報を見る方法

官報に載る

官報を見るには、2つの方法があります。

まず1つ目がインターネットによる方法です。公式サイトが公開されているため、然るべきページで検索することができます。無料であれば30日前まで見ることができます。しかし有料を選べば過去分すべてを閲覧することができます。

2つ目が紙媒体での方法です。無料で見たいのであれば図書館に行けば可能でしょう。閲覧したいのであれば、どれくらいのストックがあるのかを図書館に確認しておく方が確実です。

また紙媒体でも有料版があり、定期購読できます。自宅に郵送されてくるようになり割引料金でインターネットの有料版を利用することができます。

スポンサーリンク

 

自己破産による他のデメリット

デメリット

 

自己破産をしたことで、官報に名前などが掲載される以外にもデメリットがあります。もっとも大きな影響が信用情報機関での金融事故歴の記載でしょう。いわゆる「ブラックリスト入り」と言われるものであり約5年から10年は記録が残ります。

各種金融機関が情報参照するため、記録期間内では新規でクレジットカードを発行したり、新しいローンを組むことができなくなります。信用情報機関は指定機関でもあり、いわば金融取引の信用度を計るための組織でもあります。

そういうところに金融事故歴があれば、金融取引における信用度が著しく低下していると言えます。一種の社会的不信用の状態でもあり、自己破産をする場合は重々承知しておくべきでしょう。

また免責を受けるまでは、一定の就業制限があります。国家資格を取得していても然るべき組織に登録できず事務所などを開業できないことがあります。もっとも数ヶ月程度の期間であり、信用情報機関の金融事故歴よりはかなり短いものとなっています。

 

まとめ

官報とは国の広報誌のようであり、毎日政府が発行している新聞と見なすことができます。

自己破産になれば名前が掲載され誰もが閲覧できます。裁判所を経由した債務整理でもあり公開することが原則でもあるからなのです。

金太郎(自己破産経験者)
自己破産して5年経ちますがいくら昔の官報を見てもインターネットで検索しても僕の名前は出てこないんです。だから心配することはありませんよ。就職やクレジットカード発行で官報が影響したこともありませんから。

参考自己破産ってデメリットあるの?実際に自己破産した私が断言

 

  自己破産復活物語続き  

\自己破産からの復活物語/

 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.