自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産

自己破産するとき弁護士と司法書士に依頼する場合の違い

更新日:

自己破産の手続きを進める場合、一般的には法律専門家に依頼することでしょう。

弁護士と司法書士が代表的ですが、一体彼らの間にはどのような違いがあるのでしょうか?

今回、自己破産における弁護士と司法書士の違いについて説明して行きます。

 

弁護士と司法書士の基本的なこと

弁護士と司法書士

弁護士は民間法律家の最高峰に位置し、法律に関するあらゆる行為ができると言えるでしょう。一部弁護士であっても引き受けられない業務もありますが、基本的には代理人として本人と同様に法律行為をすることができます。

一方、司法書士の以前の主要業務は土地登記に関することです。依頼を受け書類作成をし法務局等に提出等を行います。しかし、法律相談に関しては全般的に行うことができます。

上記の違いを端的に言えば、弁護士は法律に関わる代理人となることができますが、司法書士は書類作成代理人であり、あくまで法律に関わる書類作成とそれに伴う代理行為までを許されているということです。

ただし、一定の研修を受けた認定司法書士であれば、簡易裁判所の弁護人となることができます。それでも賠償額が140万円以内の民事事件に限られています。

また自己破産と同様債務整理の一つである任意整理においても、総債務額が140万円以内に限って弁護人として振る舞えることが判決で確定しています。

 

自己破産における弁護士と司法書士の違い

審尋で違い

自己破産においては、手続き中の過程で裁判官に面談を求められることがあります。その際、弁護士と司法書士で違いが出てきます。

弁護士は代理人であるため、本人とともに面談に同席できます。しかし司法書士はあくまで書類作成代理人であるため、自己破産の申し立てや手続き等ができるとしても、弁護活動のようなものは認められていません。

 

参考自己破産に必要な書類と手続きの流れ

 

自己破産の申し立てと出頭で違い

裁判所へ出頭

 

自己破産においては裁判所に申し立てをするため、書類等を提出することになります。弁護士と司法書士においても違いがあります。

まず弁護士が申し立てる場合、代理人申立と言われます。これも法律行為全般の代理ができるからでしょう。しかし司法書士になると本人申立となります。

実質的には司法書士が申立をしても裁判所へ書類提出もしますし、裁判所からの通知などは依頼した司法書士の事務所宛に送付されます。そうは言っても、書類作成代理ではあくまで本人が申し立てることと同様に見られると理解しておくべきでしょう。

また、手続き中に本人が裁判所へ出頭する必要が出てきます。その際弁護士であれば1回ですみますが、司法書士であれば2回となります(ケースによっては追加もあり)。たかが1回の違いとも言えますが、個々の状況でその1回が大きく響くこともあるでしょう。

いずれにせよ、自己破産の申し立てにおいては、弁護士では代理人申立となり、司法書士では本人申し立てとなります。さらに、出頭する回数は弁護士では1回、司法書士では2回となります。

 

管財人が必要な場合に大きな違い

自己破産における弁護士と司法書士の最も大きな違いは、管財事件と言われています。管財事件とは、財産がある場合の自己破産であり、預金などで20万円以上あるケースで、破産管財人が選任され財産処分などが行われます。

もっとも20万円以上の財産があるとしても、管財事件とならない場合があります。典型的ものが住宅ローンのあるケースで、ローンが住宅評価額よりも高ければ、管財事件とはなりません。

ともあれ20万円以上の財産がある時は、管財事件となりますが、その際、裁判所に支払うお金として予納金が必要になります。弁護士の場合、財産の基準となっている20万円〜の支払で済みますが、司法書士であれば50万円〜を支払うことになります。

一括で支払うことになり破産管財人の選任費用となります。したがって管財事件の場合、予納金においては弁護士の方が安価で済むと言えるでしょう。

ちなみに、自己破産で管財事件とならなければ同時廃止となります。これは20万円以上の財産がなく、破産手続き費用を支払えないと認められた場合です。実際、ほとんどの自己破産が同時廃止であると言われています。

 

報酬が異なる

報酬が異なる

ここまでご説明した通り、弁護士と司法書士では出来る業務の範囲が異なります。そのため報酬額でも弁護士と司法書士では違いがでてきます。それぞれの事務所や個々の状況によって変わってきますが弁護士の方の費用が高くなるようです。

 

 

まとめ

弁護士と司法書士の自己破産における違いは、職種の役割が違っていることからきています。

弁護士は代理人であり司法書士は書類作成代理人ということです。その点は裁判官に求められる審尋においては司法書士では同席できないことに現れていますね。

カバーできる業務面、報酬面の違いも重要ですが、自己破産において大事なことは「信頼できる専門家なのか」ということです。人生の再スタートを依頼する専門家になりますので信頼できるパートナーを選びましょう。

あわせて読みたい自己破産ってデメリットあるの?実際に自己破産した私が断言

 

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-自己破産
-, , ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2019 All Rights Reserved.