自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

特定調停

特定調停に必要な書類

投稿日:

特定調停の申し立てには、申立書のほか、さまざまな書類が必要となります。
特定調停は、弁護士などに依頼せずとも、債務者自らが容易に申し立てできる点がメリットです。しかし、書類に不備があると、債権者との調停手続きが進まず、手続きが長期化してしまいますので、事前にチェックしておきたいところです。

では、具体的に、どのような書類が必要になるか、見ていきましょう。

裁判所で入手できる書類

特定調停申立書

特定調停申立書

特定調停申立書は、各裁判所で定められた書式があります。裁判所によっては、わざわざ出向かなくても、ホームページからダウンロードして入手することも可能です。
申立書には、「申立人の氏名・住所等」ほか、「相手方(債権者)」や「申し立ての趣旨」、「紛争の論点」を記載します。

「相手方」は、通常、申立書1枚につき1社しか記載できないので、複数の金融業者から借り入れしている場合は、その数だけ申立書を記載する必要があります。
「申し立ての趣旨」には、「債権額を確定し、支払い方法を協定したい」などと記載します(裁判所の書式に、初めから記載されている場合もあります)。
「紛争の論点」には、債務の種類や契約状況(契約日や借入額など)などを記載します。契約書や借入明細を確認して、正確に記載する必要があります。

財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料

財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料とは、「生活状況」や「資産・負債」、「家族の状況」、「返済についての希望」を記載する書類です。
「生活状況」には、職業や月収などを記載します。調停後、継続的に返済できるかどうかを判断してもらうための大事な項目になります。

「資産・負債」には、不動産や自動車など高額な財産や、預貯金などを記載します。
「家族の状況」には、申立人と同一生計となっている家族の職業や月収を記載します。
「返済についての希望」は、調停後に返済できる金額を記載します。

権利関係者一覧表

権利関係者一覧表とは、債権者の名称、契約日、借入額、残債額、担保・保証人の有無を記載し、一覧表にした書類です。

 

自身で入手・用意する書類(添付書類)

添付書類は、申し立てを行う裁判所により異なるため、事前に確認が必要ですが、一般的に必要となる添付書類は、以下の通りです。

申立人の本人確認書類

住民票の写しのほか、戸籍謄本が必要になる場合があります。
裁判所によって、「過去○か月以内に発行されたもの」と指定される可能性があるので、発行年月日に注意しましょう。

相手方に関する書類

債権者が法人の場合、当該法人の登記事項証明書が必要となります。

収入に関する書類

給与明細や源泉徴収票を添付します。
直近のものだけでなく、給与明細であれば過去2〜3か月分、源泉徴収票であれば過去2年分を用意しておきましょう。

資産に関する書類

資産に関する書類

資産関係の書類は、資産の種類によって異なります。
不動産の場合は、法務局で取得する不動産登記事項証明書や、市区町村から発行される固定資産評価証明書を用意しましょう。

自動車であれば、車検証のほか、現在価値の疎明資料として、中古車買い取り業者の見積書を用意しておくとよいでしょう。
預貯金に関しては、通帳のコピーや残高証明書を用意しておきましょう。

債務に関する書類

債権者との契約書のほか、カードローンであれば、借入や返済の都度発行される明細書を、可能な限り用意しておきましょう

ただ、取引が長期間に及ぶ場合、廃棄していたり、なくしたりしているケースもあると思いますので、ひとまず手元に残っているだけ添付すればよいでしょう。万が一、契約書も含め、何も残っていない場合でも、裁判所からの調査嘱託により、債権者から取引内容は開示されるので、特定調停の手続自体には支障はありません。

申し立てに関する費用

費用

裁判所への申し立て費用は、収入印紙を申立書に張り付けして納付します。金額は、相手方1社につき500円です。

また、予納切手(裁判所から、申立人や相手方に郵便物を発送するときに使われる切手)も、申し立て時に納める必要があります。予納切手の額も、裁判所により異なりますが、「80円切手を○枚、10円切手を△枚」など、細かい指定があるので、注意しましょう。

 

 

お金が無くても債務整理が相談できる弁護士の選び方

債務整理で悩んできる方へ僕のように手持ち資金が無くても債務整理が可能・全国対応の弁護士事務所をご紹介いたします。
債務整理を相談するの際に弁護士事務所の選ぶポイントはこの3つです。

 

弁護士を選ぶポイント

  1. 債務整理での実績がある弁護士事務所
  2. 無料相談で初期費用分割(0円)可能
  3. 全国対応でネットから相談可能

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

もうこれ以上一人で悩むことはありません。専門家の力を借りて人生の再スタートをしましょう!

そうや法律事務所

そうや法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題は今すぐ解決!しましょう。
最短即日督促ストップ、ご相談0円、初期費用0円、全国対応、弁護士費用も分割可能。
そうや法律事務所は借金問題に特化した弁護士事務所です。

[電話・メール相談無料] 
0120-639-038
《24時間電話受付》

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題・債務整理は一人で悩まずいますぐ解決!
「全国対応」「休日対応」「取り立てストップ」相談は何度でも無料。
専門の弁護士は最適な解決方法をご提案します。

[電話・メール相談無料] 
0120-788-024

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

何社のある借金でお悩みの方今すぐご相談ください。
「月600件以上の相談実績」「初期費用0円分割可能」「全国対応24時間受付」
家族に借金を知られたくない、弁護士費用が用意できない等のお悩みがあっても大丈夫です!
様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

[電話・メール相談無料] 
0120-644-042
《24時間電話受付》

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

  金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまったくないね。   ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-特定調停
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.