自己破産からの復活

この物語は実話です。自己破産しても人生はやり直せます。

自己破産

自己破産に必要な書類

投稿日:

自己破産を行うためには裁判所に破産の申立てをしなければいけません。

裁判所に提出する書類には様々な種類があり、複雑です。弁護士に依頼すればほとんどの取り寄せや書き方を教えてくれ便利ですが、中には自分で自己破産の手続きをしたいという方もいるでしょう。

今回、自己破産の時に必要な書類についてまとめてみました。

 

共通して必要になる書類

自己破産に必要な書類

自己破産の申立てに必要になる書類は地方裁判所によって若干違いがあります。
書類の名称も裁判所によって異なることがありますが、一般的に共通して必要になる書類は以下の8点になります。

破産・免責申立書

破産申立書は『債務が支払えません』というのを裁判所に宣言する書類です。
記入は比較的簡単で、住所、生年月日、氏名、本籍、電話番号等を記入して申立書にサインをすれば完成します。

陳述書

陳述書は破産申立てに至るまでの事情・生活状況・財産状況などを記載します。
ケースによっては求められなかったりする事もありますが、裁判官に自身が置かれている状況を効率よく伝えるために書いておいて損は無い書類と言われています。

同時破産廃止の上申書

同時破産廃止を求める場合は『同時破産廃止の上申書』が必要です。これは「財産が無いので同時廃止をお願いします」と裁判所に上申する書類です。ケースによっては必要ない場合もあります。

住民票・戸籍謄本

住民票は区役所、戸籍謄本は本籍地がある区役所から取り寄せます。本籍地が遠方の場合は郵送で取り寄せる方法が簡単です。

債権者一覧表

債権者の一覧を示す書類です。債権者の住所、氏名、金額、使途を一覧で書く必要があります。

 

債権者との契約書

債権者と契約を結んだ時の契約書です。ケースによっては求められない事もあります。紛失している場合は債権者に取り寄せをお願いしましょう。

財産目録

もっとも重要なのが貴方の財産を記載する財産目録です。預貯金、貸付金、年金などの公的補助、不動産、自動車、生命保険、有価証券等、過去2年間に処分した財産、相続の有無まで書きます。
書き忘れると資産隠しとして免責許可にマイナスになるので慎重に書きましょう。

 

預金通帳のコピー

預金通帳を記帳してコピーします。提出する期間は申し立て日を基準に 2週間前から1〜2年間の期間を提出します。早く記帳してコピーしても使えない事があるので、記帳は申し立て日に近い日にしましょう。

 

会社員など勤務先から給与を貰っている人が必要になる書類

自己破産時に会社から必要な書類

ほとんどの方は給料で生計を立てていると思われます。
給与生活者の方は追加で書類を提出する必要があります。

給料明細書、源泉徴収票

勤務先からもらった給料明細書と源泉徴収票を提出するようにしてください。

 

離職票、退職金支払額証明書

仕事を辞めているときは離職証明書が必要になる場合があります。また、退職金が出る事が明らかな場合、退職金支払額証明書の提出を求められる場合があります。

 

その他の書類

自己破産時にその他必要な書類

その他にも債務者の収入や財産の状態を明らかにする書類が必要になります。

生活保護を受けている場合は生活保護受給証明書

生活保護を受けている場合は生活保護受給証明書を求められるケースがあります。

生命保険に加入している場合は生命保険書と解約返戻金の証明書

終身保険など貯蓄性の高い生命保険で解約すれば解約返戻金が出る場合、その証明書が必要です。10年以上の長期にわたって保険料を支払い続けていると結構な金額になっているので忘れないようにしましょう。

不動産を所有している場合は土地、建物の登記簿謄本

不動産所有者は土地、建物の登記簿謄本を裁判所に提出します。

賃貸を借りている場合は賃貸契約書のコピー

賃貸契約書のコピーは契約時に不動産会社から渡されます。紛失している場合は不動産会社に問い合わせるといいでしょう。

 

自己破産に必要な書類 まとめ

契約書は多岐にわたり、裁判所や貴方のケースによっては必要なかったり、免責決定の成功率を上げたりします。どれが必要なのかは裁判所や弁護士の方と相談しつつ、正確に記入するようにしてください。

 

The following two tabs change content below.
金融侍

金融侍

金融工学を学び現在金融会社に勤務中の金融専門ライター。債務整理、任意整理、個人再生、自己破産やキャッシング、過払い金に関することを専門としてライティングを行っております。時々恋愛やグルメ関連も書いたりします。
金融侍

最新記事 by 金融侍 (全て見る)

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。   自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代 20代も後半になろうとした時、私は大手 ...

高金利での借り入れ  2

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。 前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連 ...

立ち上がらない事業 3

なんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができましたが、これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、オフィスの家賃を払い、借金返済をしなければなりません ...

去っていく仲間たち 4

なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。 当初の起業目的だったブログサービス運営はシステム購入から外注開発会社へのレベニューシェア契約開始まで半年かかり ...

滞る借金返済からの取り立て 5

起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でSEO対策の契約 ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

-自己破産
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活 , 2017 All Rights Reserved.