自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

節約

貯金0から貯金をする方法

更新日:

限りある毎月のお給料の中から生活をしていると、気づけばあっという間にもらったお給料がなくなって、今月も貯金できていない!そもそもお金があったら、あっただけ使ってしまう。そんな状態になっていませんか?

そんなつもりはないけれど、気がつけば貯金ができていないなど。

ここで、どうにかして少しでも貯金ができる体質になれるように、一緒に考えていきましょう!貯金は習慣を変えていくだけで簡単にできます。

 

 

まずは自分がどれだけお金を使っているかを知ろう

「毎月のお給料が残らない=貯金ができない」原因を知ることが一番大事です。

なぜなら、どれだけのお金を、「何に」「いくら」使っているのかを知ることで、自分が何気なくお金を使ってしまうポイントを見つけることが出来るからです。そのポイントを見直していくのが一番の近道であり、貯金体質になるきっかけでもあります。

一番面倒な部分でもありますが、自分の生活、お金の使い方を見つめることが大切です。

お金を使ったら記録「把握」しよう

お金を使ったことを覚えていることが、貯金体質になる第一歩です。お金を何に自分が使ったか、把握していることで、次にお金を使うときにストップをかけることができます。

クレジットカードを使う人は、会計の後にケータイにメモをする。現金の人はレシートをとっておく。必ず月に一度、自分がどれだけ「何に」「いくら」使ったのか、最初はざっくりで良いので計算してまとめてみましょう。

自分がどうゆう「もの」「こと」にお金を使っているかが見えてきます。

お金の使い方が適正か振り返ってみよう

一ケ月分の支出を振り返って、「自分の身の丈に合わせたお金の使い方をしているか?」「生きていくのにどうしても必要だったか?」「心を豊かにする・納得のいく使い方だったか?」などをベースに「使った割合も適正だったか?」を考えてみましょう。

「洋服ばかり買っていたな」「そんなに付き合いのない人の飲み会になんとなく沢山参加していたな」「買ったことを忘れて、家にあるのに同じものを買っていたな」など。お金を使ったときは深く思わなかったことも、振り返ることで、冷静に判断をすることができます。

また次に同じような場面になったときに、考えてお金を使うことができるようになります。

生活コストを下げよう

限りあるお給料の中で貯金をするには、毎月必ずかかる家賃や保険、携帯代などの固定費と食費やお付き合い、特別な出費などの流動費を下げる必要があります。

この二つの項目を手取り額から大幅に下げ、残った金額を貯金にまわすことができれば、貯金ができるようになれます。固定費と流動費をなるべく下げることが貯金体質になるためには必須です。

固定費を下げる

固定費とは何もしないでも毎月一定のお金がかかる項目です。例えば、家賃や保険・光熱費など。ここを見直してみることで、毎月の貯金にまわせるお金が増えます。

固定でかかるお金を見直すと、毎月のことなので無理な節約をすることなく、お金が貯まります。

まずは、家賃を今より安いところに引っ越す。その際は、スーパーの近くにする、自転車で生活できそうな町にするなど、今よりも家賃が安く暮らしやすそうな立地を探します。

毎月今より15000円安い部屋に引っ越したら、年間で18万円を貯金することができます。

携帯代も見直すと大きく貯金ができる項目の一つです。三大キャリアからから格安SIMに乗りかえるだけでも、貯金ができるお金が増えます。
三大キャリアの時は、毎月の支払いが8000円かかっていた携帯代も格安SIMで月々1500円に抑えることも可能です。

流動費を見直す

流動費とは食費・交際費・雑費など、毎月固定額ではない出費のことです。この項目は、「身の丈にあった使い方をしているか?」を基準に振り返ってみましょう。

食費はあまり削りすぎると医療費がかかってしまうので、なるべく削らないようにしたいです。

交際費は「本当に自分が会いたいひと」、「こと」だったのか考えてみましょう。雑費なども無駄な物を買いすぎてないか見直してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

貯金する方法を考えよう

毎月どうしたら苦しくなく、勝手に貯金が出来上がっていくかを考えてみましょう。月に一度使ったお金の合計をまとめ、何にいくら使ったか把握することが出来たら、それをもとに来月の予算をたててみましょう。

その際に最初は少し余裕をもって予算を立てることが続けるコツです。

また、「予備費」として別に取っておくのもいいですね。一週間ごとに予算を立てる、項目ごとに予算を立てるなど、試行錯誤しながら自分に合う方法を見つけましょう。

先取貯金

一ケ月の予算が決まったら、生活費分以外は先に貯金してしまう方法もおすすめです。先に貯金分をとることで、残った生活費でなんとかやり抜く力がつきます。

ないと思ったら人間何とかするもの。「友達とお店に入ってランチしなくても、家に持ち寄りでご飯を作ったりしたほうが節約になるし、ゆっくりできるな」などお金をかけずに楽しむ発想を培うことができます。

収入を増やす

今までの家計の見直しができ、貯金ができるようになったら、月に1万円でも2万円でも副収入を得られるようにすると、貯金のスピードが更に加速しますのでおすすめです。

最近では、クラウドワークスや、ランサーズなどパソコンがあればどこでもできる仕事があります。本職の合間にこのような副業で稼ぐと予定外の出費が重なった時も、順調に貯金をすることができます。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか?貯金0から貯金をする方法をご紹介してきました。

今はまだ貯金が0円だとしても、今すぐ始めれば貯金をすることができます。「はじめること」「続けること」「少ない金額でも積み重ね」で貯金をすることができますので、ゆっくり楽しく一緒に貯金をしていきましょう!

 

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

      金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまっ ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

  金太郎(自己破産経験者)キャバクラボーイ逃走生活からいよいよ借金整理に向け動きだすんです。   くま吉(借金中)やっと借金と向かい合うんですね。   地方都市でのキャ ...

やり直しの人生 8

  金太郎(自己破産経験者)長い借金生活も、弁護士に自己破産手続きを依頼したことにより前に進み出します。   くま吉(借金中)やっと自己破産手続き開始ですね。   1,0 ...

9

  金太郎(自己破産経験者)自己破産手続きが終了して無事免責がおりたんです。これから新しい人生の始まりです。   くま吉(借金中)自己破産した人がその後どんな人生を歩むのか、気にな ...

-節約
-

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.