自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産からの復活物語

第1話【起業】自己破産の始まり

更新日:

自己破産の始まり

 

金太郎(自己破産経験者)
これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

くま吉(借金中)
第1話は借金のきっかけとなった「起業」のお話ですね。

 

2005年2月私は起業をします。自己破産への道はここから始まりました。夢と希望に溢れた起業は破滅への道のはじまりとなりました

 

 

自己破産への道:調子に乗っていた会社員時代

20代も後半になろうとした時、私は大手インターネット企業に5年程勤務をしてました。2005年頃なので当時はサイバー○ージェントやライブ○ア、楽○といった会社が台頭してきた頃です。

私は20代でありながら大手インターネット企業の営業部責任者として20人程の部下を率いていました。当時は景気もよく年収が1,000万円近くあり天狗になっていたのです。

連日遅くまで働き、飲み会・合コン・キャバクラを飲み歩いてはタクシーで帰宅。都内のオシャレなマンションに住み、年齢しては高級な外車も所有していました。ゴールドのクレジットカードも何枚も所有しキャッシング枠も300万円以上で設定してくれるカード会社もありました。それをいいことにたくさんの女性と交際も。完全に調子に乗っていました。

そしてその報いは後から来ることになるのです。

 

調子に乗っていたマネージャー時代

 

 

時代も追い風で会社もどんどん拡大し私のチームの売上も数億円単位で増えていきます。

「こんなに簡単に売上増えるなら自分でやったほうが良いんじゃないか」と思うようにもなりました。

これが大きな勘違いだったのです。会社の売上がどんどん上がるのは時代が良かったのと会社が良かったのです。決してイチ営業マンによるものではないのです。

 

20代の私は完全に勘違いをし、独立起業を決意するのでした。

3名の部下を誘い、会社に退職届を提出。3ヶ月の準備を経て会社を立ち上げることにしたのです。

 

スポンサーリンク

 

 

少ない資金での起業

その当時は年収こそは高かったのですが、毎晩飲みあるいてはタクシーで帰宅していたので貯金らしい貯金がほとんどありませんでした。都内でオシャレなマンションに住んでそれなりの車を所有して駐車場を借りるとなると年収1,000万円くらいでは全然足りないのです。

ボーナスが1回200万円近く出ておりましたので、手元にあったわずかな貯金とボーナス1回分を設立資金へ。3名の部下からも資金を集め500万円ほどを集めました。当然こんな金額では全然たりません。

そこで知人の会社経営者にも出資者兼社外取締役として更に300万円程出してもらいました。

合計800万円。私も含め4名(+社外1名)で起業をするのです。

 

実際に何の事業を行ったかというと、インターネット広告代理業とホームページ制作、SEOサービス、そしてブログシステムの運営です。

当時2004年あたりからブログが大流行しいろんな運営会社が立ち上がっておりました。後発ながら「ジャンルに特化したブログサービスを運営すればチャンスがあるのでは」と思い勝負に出るのでした。

 

いずれにしても資金が全然足りません。当時は第二次インターネット・バブルでもあったので出資を検討してくれる会社・個人は何人かいました。

実際の所、会社設立のタイミングで大手上場企業からの子会社化の話もありました。

 

しかし当時調子に乗っていた「上場企業の子会社にならなくても独自に事業を立ち上げられる」というその話を断ることに。他にも出資したいという投資家もいましたが、自己資金が少なかったのとこれ以上出資を受けると自由が効かなくなるのでは、とこれ以上の外部株主を増やすことを断ったのです。

 

「利益率が高いビジネスなので、少しだったら借り入れ・融資でも大丈夫だろう」と甘い判断をしてしまうのです。

 

そしてとにかく借り入れを増やすことに。

 

とにかく借り入れを増やすのだ

 

くま吉(借金中)
売上のメドが立ってないのに借り入れに頼ろうとしていたのが危ないね。

 

金太郎(自己破産経験者)
当時はそれがわからなかったんだよ…

 

スポンサーリンク

 

とにかく融資をうけることを考えた

小規模ながら新ブログシステムサービスの立ち上げには最低でも300万円できれば500万円は必要でした。

初期の資金800万円に追加であと500万円はほしいと考え、借り入れすべく色々と調べることに。

 

会社で融資を受けたことがある人なら知っていると思いますが、会社設立時にいきなり運転資金を融資してくれる銀行はまずありません。

最低でも3年間事業を続け黒字でなければなりません。そうではないと銀行は融資の検討すらしてくれないのです。

また今ではいろんな事業コンテストでの資金提供や起業家への国の支援制度もありますが、当時はまだまだ少ない状況でした。

そこで当時あった設立間もない会社にお金を融資してくれるところといえば「国民生活金融公庫(現:日本政策金融公庫)」でした。

 

ここであれば政府が「お金が必要な国民のために運営している」ということもあり少額ですが事業立ち上げ時でも比較的低金利で融資をしてくれる可能性があったのです。

当時は確か店舗運営する事業であれば最大3,000万円程度、それ以外の事業の場合は自己資金と同額まで融資可能、というの目安でした。私は初期の資金として800万円程ありましたの「500万円くらい融資受けるのは楽勝だろう」と思い申込をすることに。

 

 

国民生活金融公庫

 

 

当然「政府が国民のために運営している」というが「国民生活金融公庫(現:日本政策金融公庫)」の主な目的だったので何の問題なく借りる気満々で問い合わせをするのでした。(第2話に続く

 

くま吉(借金中)
結局お金は借りられたの?

 

金太郎(自己破産経験者)
それはね…第2話のお楽しみです!

 

次回:第2話【借金】高金利で借金をする

 

金太郎(自己破産経験者)
自己破産すべきかどうか迷っている人はこちらの記事もご覧になってくださいね。実際に自己破産をした私が断言します

 

お金が無くても債務整理が相談できる弁護士の選び方

債務整理で悩んできる方へ僕のように手持ち資金が無くても債務整理が可能・全国対応の弁護士事務所をご紹介いたします。
債務整理を相談するの際に弁護士事務所の選ぶポイントはこの3つです。

 

弁護士事務所を選ぶポイント


1.債務整理での実績がある弁護士事務所
2.無料相談で初期費用分割(0円)可能
3.全国対応でネットから相談可能

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

もうこれ以上一人で悩むことはありません。専門家の力を借りて人生の再スタートをしましょう!

そうや法律事務所

そうや法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題は今すぐ解決!しましょう。
最短即日督促ストップ、ご相談0円、初期費用0円、全国対応、弁護士費用も分割可能。
そうや法律事務所は借金問題に特化した弁護士事務所です。

[電話・メール相談無料] 
0120-639-038
《24時間電話受付》

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題・債務整理は一人で悩まずいますぐ解決!
「全国対応」「休日対応」「取り立てストップ」相談は何度でも無料。
専門の弁護士は最適な解決方法をご提案します。

[電話・メール相談無料] 
0120-788-024

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

何社のある借金でお悩みの方今すぐご相談ください。
「月600件以上の相談実績」「初期費用0円分割可能」「全国対応24時間受付」
家族に借金を知られたくない、弁護士費用が用意できない等のお悩みがあっても大丈夫です!
様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

[電話・メール相談無料] 
0120-644-042
《24時間電話受付》

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  金太郎(自己破産経験者)これから僕の「借金から自己破産、そして復活までの物語」をお話します。ぜひ最後までご覧になってくださいね。   くま吉(借金中)第1話は借金のきっかけとな ...

高金利での借り入れ  2

  金太郎(自己破産経験者)会社を立ち上げたもののシステム開発費と運転資金が足りなくていきなり借り入れを考えたのです。   くま吉(借金中)計画性がまったくないね。   ...

立ち上がらない事業 3

  金太郎(自己破産経験者)なんとかお金を借りることができて、いよいよ会社経営がはじまります。   くま吉(借金中)売上無いのに借金して会社立ち上げようってが危ないよね。 &nbs ...

去っていく仲間たち 4

  金太郎(自己破産経験者)借金返済追われながらも売上があがらない…そんな日々に限界がくるのでした。   くま吉(借金中)これから会社立ち上げようとしている人は必見ですね。 &nb ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  金太郎(自己破産経験者)夢と希望いっぱいで立ち上げた会社も次々と仲間が去っていくのでした。   くま吉(借金中)会社経営もいよいよ大詰めですね。   起業から1年経た ...

キャバクラの仕事 6

事業に失敗をして多額の借金を抱えた私は、借金取りから逃げるべく、全てを捨て格安で入居できる地方のボロアパートへ引っ越しました。 金太郎(自己破産経験者)この物語は僕の起業から人生どんに落ちる本当にあっ ...

希望 7

地方都市でのキャバクラボーイ生活を終え、元上司が立ち上げた会社で働くことになりました。 前回まで  自己破産からの復活物語  1 user第6話【逃走】逃亡生活その1:身 ...

やり直しの人生 8

生きるか死ぬかギリギリのところの生活が続きましたが、なんとか知人の会社で働きながら弁護士を見つけ、自己破産に向け手続きを開始したのです。 前回まで   私の場合は個人と法人の破産手続開始が合 ...

9

2005年に借金をし、その後事業で失敗をして借金総額1,000万円。途中借金取りから逃げ出したりもしましたが2012年の自己破産を行い念願の免責がおりたのです。 前回までの続き   最後にお ...

-自己破産からの復活物語
-, ,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.