自己破産からの復活物語

借金から自己破産、転職から副業までの人生逆転物語

自己破産

自己破産経験者が教える「おすすめ弁護士」と「自己破産おすすめの人」

更新日:

自己破産おすすめ

 

くま吉(借金中)
いろんな債務整理の方法があるけど自己破産がおすすめの人ってどんな人なの?

 

金太郎(自己破産経験者)
それじゃあ自己破産がおすすめの人を説明するね。最後に自己破産おすすめの弁護士も紹介するから確認してみたください。

 

債務整理と一言にいっても任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といくつか種類があります。自分の債務状況や将来の人生設計に合わせて考えていかなければなりません。

自己破産はすべての債務整理の中でもっとも強力な借金の整理方法で、誰でも無制限で出来るわけではありません。そして失うものもあります。

今回は自己破産に向いている「自己破産がおすすめの人」の例を紹介します。また自己破産を考える場合弁護士選びも非常に重要になってきます。最後に「自己破産におすすめの弁護士」もご紹介していますので最後までぜひご覧になってください。

 

自己破産がおすすめの人

くま吉(借金中)
実際にどんな人が自己破産おすすめなの?

 

金太郎(自己破産経験者)
先に自己破産がおすすめの人の例を紹介するね

 

数ある債務整理の中で自己破産がおすすめの人の例をいくつかご紹介いたします。

 

収入に対して借金の金額が多い人

前提として自己破産を行うためには収入に対して借金の金額が多い人で無ければ出来ません。

自己破産を行うためには裁判所に対して破産申立てを行い、裁判所から債務の免責受ける必要があります。

裁判所は誰でもなんでも自己破産を認めるわけで無く、『頑張っても借金が返せない人』に限定されます。

誰でも自己破産を認めてしまうと、借金をして自己破産を繰り返すモラルハザードが起こってしまうため、救済措置を受けるためにはある程度の借金の額が必要になるのです。

金太郎(自己破産経験者)
たとえば「月収50万円の人がカードローンで毎月3万円を10ヶ月で返済」くらいの事情だと自己破産は認められません。

 

自分が借金の借りすぎで自己破産が必要なのかは『返済比率』といった数字である程度わかります。

『返済比率』とは、

返済比率=元利均等返済額の月額÷月収×100

で計算されます。

この比率が40%を超すと、一般的に返済が苦しく自己破産をした方がいいとされる目安となります。

 

返済比率について

 

 

簡単に計算しますと月収20万円の人が毎月8万円(月収の40%)以上の返済を迫られていると厳しい状況です。

 

金太郎(自己破産経験者)
年収で計算すると年収300万円の人が200万円〜300万円以上の借金があると厳しいです。弁護士に相談した方がいい状況です。

 

 

スポンサーリンク

 

収入がなく返済能力がない人

収入がない人

 

返済するための収入がない人も自己破産を検討したほうがよいでしょう。他の債務整理の方法では減額はありますが一定期間をかけて返済をする必要があります。完全に収入がなければ返済できませんので債務整理の方法としては自己破産がおすすめです。

ローンを組んだ当初は仕事も順調で借金なんかすぐに返せたのに…リストラで計画が狂った、という話はよくあります。このご時世しょうがないのです。

 

いままで勤めていた職を失って収入が無い、もしくは大幅に収入が減っている場合は返済比率もかなり厳しい数値になっていると思います。
裁判所も職を失うなど特別な事情がある人に対しては免責を許可してもらいやすくなります。

 

住宅などの高額資産がない人

自己破産を行う場合、住宅などの資産はすべての競売にかけられ、処分されます。

そのため住宅などの高額な資産を持っている人の方が、持っていない人よりも手続きが難しくなります。住宅を持っていない方が自己破産は行いやすいです。

またそもそも「自己所有の住宅は手放せない!」という人は自己破産は向いていません。「自宅」を残して債務整理をしたい場合は個人再生という手続きがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

この先10年間、住宅を建てる予定がない人

住宅を建てる予定がない人

自己破産を行うと信用情報機関であるCICとJICCに5年間、KSCに10年間記録されます。

この間は5年間、クレジットカードや消費者金融は審査が通らなくなり、10年間は銀行・信用金庫のローン利用はできなくなります。銀行の教育ローンやフリーローンなどのサービスもこの期間利用できません。

更に官報に住所、氏名が記録され半永久的に保存され、10年後もこの官報情報で影響を受けることがあります。

 

自己破産手続き中に就けない特定職業以外の人

特定職業に勤めていない人

自己破産手続きを行うと、弁護士・公認会計士等の士業、証券会社の外交員生命保険の募集員等お金を扱う職業、警備員など一部の職種で破産が確定するまでの期間、就く事が出来なくなります。

破産確定後は復権により再び就く事が出来ますが、会社勤めの人の場合、該当職種に勤めている時は会社に事情を話しその間職務を外してもらわなければいけません。自己破産により職を失う、職場での立場を失う事があっては本末転倒ですので、該当する職業の人は他の債務整理を模索した方がいいかもしれません。

 

 

連帯保証人が付いていない人

連帯保証人がついている債務は、自己破産を行うと連帯保証人に債務が移ります。そのため連帯保証人がいる方は自己破産をおこなう際に連帯保証人への影響を考えなければなりません。

連帯保証人がいない人はこの点を考える必要がありませんので自己破産が向いているといえます。

 

 

スポンサーリンク

 

自己破産で失うものも(自己破産のデメリット)

くま吉(借金中)
自己破産がおすすめの人はわかったけど、そんな人でも自己破産すると失うものもあるんでしょ。

 

金太郎(自己破産経験者)
自己破産することによるデメリットはこちらの記事『自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生』で詳細書いてるけど、ダイジェストでご説明しますね。

 

自己破産がおすすめの人でも一部紹介しましたが自己破産すると失うものや制限されるものがあります。

関連記事自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生

デメリット1:住宅などの資産価値の有る財産は没収されます

住宅などの資産価値のあるものは自己破産を行うと全て競売にかけられ、処分されます。どうしても手放したくないような住宅をもっている方は自己破産ではなく個人再生という方法があります。

 

デメリット2:当分の間クレジットカード・ローンは組めません

クレジットカードが持てない

 

自己破産を行うと、その記録は信用情報機関であるCICとJICCに5年間、KSCに10年間記録されます。

その為、原則5年間はクレジットカードの審査可決や消費者金融でのキャッシングは難しくなり、更に10年間は銀行・信用金庫系のローン利用はできなくなります。銀行の住宅ローン・教育ローンやフリーローンなどもこの期間利用が難しいでしょう。

金太郎(自己破産経験者)
クレジットカードの審査については各金融機関が判断することになるので、5年以内でも審査が通ることもあります。僕は実際に3年半で通ったんですよ。

とはいえ可能性は限りなく低いので期待しないほうがよいでしょう。

 

デメリット3:自己破産手続き中は特定の職業につくことができない

自己破産をすると、弁護士、公認会計士、等の職業、証券会社の外交員、生命保険の募集員等お金を扱う職業、警備員など特定の職業で破産が確定するまでの期間就く事が出来なくなります。

破産確定後は復権により再び就く事が出来ますが、これら職種の会社勤めの人の場合、勤めている時は会社に事情を話し、その間職務を外してもらわなければなりません。

 

デメリット4:連帯保証人に債務が移ります

連帯保証人がついている債務は、自己破産を行うと連帯保証人に債務が移ります。その為連帯保証人がいる人は自己破産についてよく考えなければなりません。

デメリット5:官報に載ります

自己破産をすると「官報」という国が出している機関紙に載ります。「官報」は官庁による報告事項や会社合併・解散、破産に関することが載っている新聞紙のようなものです。ただ日常生活で官報を読んでいる人はほとんどいませんので、大きな影響はないでしょう。

 

 

官報表紙:だれも読んだこと無いと思います

 

デメリット6:会社から書類を入手する必要があります

自己破産の手続きで、裁判所の提出するものとして「給与明細」「源泉徴収票」「退職金見込額証明」などが必要で書類を入手するにあたって会社と相談しなければならない人もいます。

「給与明細」「源泉徴収票」は手元にあると思いますが「退職金見込額証明」は別途会社から貰わなければなりません。ただ最近は裁判所もこの事情を考慮してくれるようで(自己破産が会社に知られることでより日常生活が大変にならないよう)、就業規則に退職金の計算方法が載っていればそれで対応が可能な場合もあります。

 

金太郎(自己破産経験者)
以上自己破産で失うもの(デメリット)をダイジェストでお送りいたしました。詳細はこちらの記事『自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生』でもご確認ください。

 

関連記事自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生

 

自己破産を検討する場合のおすすめの弁護士

自己破産おすすめ弁護士

 

くま吉(借金中)
自己破産をするときは弁護士に依頼したほういいんでしょ?

 

金太郎(自己破産経験者)
うん。僕も自己破産するときは弁護士に依頼したけどほんとうに人生救われたよ。ただどの弁護士でもいいってわけではなくて債務整理に強い弁護士がいいんだよ。

 

ここまで自己破産がおすすめな人についてご説明してきましたが、最後に自己破産におすすめな弁護士の選び方をご紹介いたします。

自己破産するさいの弁護士選びで大事なポイントこの3つです。

自己破産おすすめ弁護士

  • 債務整理に強く実績が多数ある弁護士事務所
  • 無料相談で初期費用分割(0円)可能
  • 全国対応でネットから相談可能

 

弁護士事務所といえどもやはり債務整理に強く実績が多数ある弁護士事務所を探しましょう。また相談は無料、そして全国対応の弁護士事務所です。

 

金太郎(自己破産経験者)
僕が探してた時は離婚に強い弁護士に相談しちゃったり、相談だけで5,000円もとられたりと苦労したんです。

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題は今すぐ解決!しましょう。
最短即日督促ストップ、ご相談0円、初期費用0円、全国対応、弁護士費用も分割可能。
そうや法律事務所は借金問題に特化した弁護士事務所です。

[電話・メール相談無料] 
0120-639-038

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題・債務整理は一人で悩まずいますぐ解決!
「全国対応」「休日対応」「取り立てストップ」相談は何度でも無料。
専門の弁護士は最適な解決方法をご提案します。

[電話・メール相談無料] 
0120-788-024

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

何社のある借金でお悩みの方今すぐご相談ください。
「月600件以上の相談実績」「初期費用0円分割可能」「全国対応24時間受付」
家族に借金を知られたくない、弁護士費用が用意できない等のお悩みがあっても大丈夫です!
様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

[電話・メール相談無料] 
0120-644-042

 

また匿名で債務整理に関する無料相談ができる専門を紹介する「匿名借金解決診シミュレーター」というのもあります。

こちらは匿名で利用できます。債務情報を入力すれば自分に合った法律の専門家を最短10秒で紹介してくれます。

画面サンプル:完全無料で匿名で診断が行なえます

画面サンプル:匿名で簡単な質問に答えるだけ

こちらから診断が行なえます⇒『無料・匿名借金解決診断シュミレーター

匿名で無料で行えます。スマホからもわずか2、3分で入力できます。直接連絡するのが心配な方はまずはこの「匿名借金解決診断シミュレーター」で匿名診断をしてみましょう。

くま吉(借金中)
まずはこれで無料診断してみるよ。匿名で最短10秒でできるんだね。

こちらから診断が行なえます⇒『無料・匿名借金解決診断シュミレーター

金太郎(自己破産経験者)
まずは10秒の無料診断をしてみてくださいね。

 

まとめ

自己破産には借金を無しにすることができるもっとも強力な債務整理の方法です。

しかしながら自己破産がおすすめの人・自己破産がおすすめできない人がいます。今回ご説明したケースで自分自身で問題ないのか検討してみてくださいね。また不明点や「自分の場合は実際どうなのか詳細を知りたい」というかたはご紹介した弁護士事務所へ相談してみてください。相談だけなら電話・メールで無料で行なえます。

もうこれ以上苦しむ必要はありません。人生復活させるために債務整理について前向きに考えてみましょう。

関連記事自己破産ってデメリットあるの?経験者がはじめて語る本当の事とその後の人生

 

あなたが今すぐ自己破産について
考えるべき理由
実際に自己破産をした私が断言します。
自己破産にデメリットはありませんでした。
自己破産後の人生を見る

 

お金が無くても債務整理が相談できる弁護士の選び方

債務整理で悩んできる方へ僕のように手持ち資金が無くても債務整理が可能・全国対応の弁護士事務所をご紹介いたします。
債務整理を相談するの際に弁護士事務所の選ぶポイントはこの3つです。

 

弁護士事務所を選ぶポイント


1.債務整理での実績がある弁護士事務所
2.無料相談で初期費用分割(0円)可能
3.全国対応でネットから相談可能

 

この3つの条件が揃っている弁護士事務所を探しました。この3つの事務所は実績もあり信頼できます。そして無料相談で初期費用0円・分割払いが可能な弁護士事務所です。

もうこれ以上一人で悩むことはありません。専門家の力を借りて人生の再スタートをしましょう!

そうや法律事務所

そうや法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題は今すぐ解決!しましょう。
最短即日督促ストップ、ご相談0円、初期費用0円、全国対応、弁護士費用も分割可能。
そうや法律事務所は借金問題に特化した弁護士事務所です。

[電話・メール相談無料] 
0120-639-038

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

【事務所からのPR】

借金問題・債務整理は一人で悩まずいますぐ解決!
「全国対応」「休日対応」「取り立てストップ」相談は何度でも無料。
専門の弁護士は最適な解決方法をご提案します。

[電話・メール相談無料] 
0120-788-024

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

【事務所からのPR】

何社のある借金でお悩みの方今すぐご相談ください。
「月600件以上の相談実績」「初期費用0円分割可能」「全国対応24時間受付」
家族に借金を知られたくない、弁護士費用が用意できない等のお悩みがあっても大丈夫です!
様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

[電話・メール相談無料] 
0120-644-042

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

  自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。    目次1 自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代2 少ない資金で ...

高金利での借り入れ  2

  インターネット関連のベンチャー企業を仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げそして運営していくにあたって資金があと500万円ほど足りないという問題がありました。(前回『 ...

立ち上がらない事業 3

  当初の予定よりは高金利にはなったもののなんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができました。 これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、 ...

去っていく仲間たち 4

  なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。(前回『第3話【焦燥】立ち上がらない事業』) 当初の起業目的だった独自のブログサービス運営はシステ ...

滞る借金返済からの取り立て 5

  起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でS ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで  自己破産からの復活物語第5話【恐怖】滞る借金返済からの取り立てhttps: ...

希望 7

地方都市でのキャバクラボーイ生活を終え、元上司が立ち上げた会社で働くことになりました。 前回まで  自己破産からの復活物語  1 user第6話【逃走】逃亡生活その1:身 ...

やり直しの人生 8

生きるか死ぬかギリギリのところの生活が続きましたが、なんとか知人の会社で働きながら弁護士を見つけ、自己破産に向け手続きを開始したのです。 前回まで   私の場合は個人と法人の破産手続開始が合 ...

9

2005年に借金をし、その後事業で失敗をして借金総額1,000万円。途中借金取りから逃げ出したりもしましたが2012年の自己破産を行い念願の免責がおりたのです。 前回までの続き   最後にお ...

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産からの復活物語 , 2018 All Rights Reserved.