自己破産からの復活

この物語は実話です。自己破産しても人生はやり直せます。

任意整理

任意整理が出来ない事例

投稿日:

「任意整理で借金苦から解放されたい」と思っても、必ず全員ができるわけではありません。
ここでは、任意整理が出来ない人、向いていない人について説明します。

債務者側の理由で任意整理ができない・向いていないケース

任意整理向いてない人

収入が無い・少ない

任意整理は、自己破産のように債務がゼロにはなりません。任意整理交渉後は、残債務を3年〜5年程度で完済する必要があるため、返済能力を有している人でなければ、任意整理はできません。
そのため、無職の人はもちろん、継続的な収入が無い人や、収入が極端に少ない人には向いていません。任意整理を行うには、派遣社員やアルバイトでも、まず安定した収入を確保する必要があります。

 

借金が多すぎる

任意整理では、長期間にわたる返済は認められません。3年〜5年程度で返済できることが条件となります。
そのため、借金が多すぎて、5年でも完済できない人は、任意整理ができる可能性はほとんどありません。
借金が多すぎる場合は、別の債務整理(自己破産や個人再生)を検討した方がよいかもしれません。

 

弁護士とのコミュニケーションができない人

通常、任意整理は、弁護士などの専門家に依頼して進めます。弁護士に委任するときは、委任契約の締結や、返済方法等に関する打ち合わせが必要です。
せっかく弁護士に委任しても、連絡が取れなくなると、弁護士も手続きを進めることができないので、途中で辞任されてしまうこともあります。その結果、任意整理手続きも破談となってしまいますので、面談や連絡の約束は、必ず守りましょう。
なお、債務者自身で、債権者との交渉を行うことも可能ですが、法律知識が無い人が行っても、満足な結果を得ることは難しいでしょう。

 

弁護士費用が払えない人

任意整理を弁護士に依頼すれば、当然、費用を支払う必要があります。弁護士費用は、ほとんどの事務所が分割払いを認めているので、必ずしも一括で支払うことはありません。
ただ、分割払いの場合でも、途中で支払いが滞るようだと、辞任されてしまいます。費用の支払いについて、無理のない範囲でできるのか、事前に確認が必要です。

 

減額が期待できない人

任意整理では、既に支払った金利について、利息制限法の上限金利(15%〜20%)に引き直して再計算を行います。再計算の結果、過払い金がある場合は、返還請求を行い、借金の減額を行います。
ただ、取引開始時から法定金利の範囲内だった場合、過払い金が無いので、借金はほとんど減額されません。そうなると、借金の額はほとんど変わらないので、毎月の返済額も大幅に減ることが無く、苦しい返済生活が続くだけとなってしまいますので、任意整理には向いていないと言えるでしょう。

 

任意整理実績に乏しい弁護士に依頼した人

任意整理は債権者との交渉により成立するため、弁護士の交渉力がカギとなります。もし、任意整理に不慣れな弁護士に依頼した場合、債権者との交渉が不調に終わってしまう可能性があります。
任意整理を委任する時は、費用だけでなく、過去の実績なども考慮して、慎重に選びましょう。

 

任意整理が2度目

一度任意整理を行ったにも関わらず、返済計画の通りに返済できず、再度返済計画の練り直しをするケースです。
任意整理は、過払い金や将来金利のカットによる減額、返済期間の見直し(延長)を行っているので、債権者にはすでに不利益が生じている状況です。そんな中、再度返済計画を見直すとなると、債権者側も素直に応じてはくれません。
二度目の任意整理が全く不可能とは言い切れませんが、かなり困難であると言えます。
一度任意整理を行った以上は、その返済計画に従って、滞りなく返済していくべきでしょう。

 

債権者側の理由で任意整理ができないケース

任意整理出来ない人

金融業者の方針

任意整理は私的整理なので、債権者は、任意整理に応じる義務はありません。業者の方針として、任意整理には応じないというところもあるようです。
もちろん債権者側としても、自己破産や個人再生を申し立てられ、回収額が目減りすることは防ぎたいところなので、応じるケースがほとんどですが、100%でないことは押さえておくべきでしょう。

 

The following two tabs change content below.
みやぞん

みやぞん

任意整理経験の元金融機関サラリーマン。弁護士を目指したこともあり、法務関連も詳しい。しかし任意整理経験者。現在は金融・法務関連ライターとして活躍中。
みやぞん

最新記事 by みやぞん (全て見る)

【まずはこの実話から】

調子に乗っていたマネージャー時代 1

自己破産への道はここから始まりました。 2005年2月私は起業をします。破滅への道の始まりです。   自己破産への道:調子に乗っていたマネージャー時代 20代も後半になろうとした時、私は大手 ...

高金利での借り入れ  2

ネットベンチャーを仲間とともに立ち上げることを決意したものの、事業の立ち上げ費用があと500万円ほど足りないという問題が。 前回『第1話【起業】自己破産の始まり』書いたとおり、当時伸びていたブログ関連 ...

立ち上がらない事業 3

なんとか事業立ち上げ費用・運転資金を融資で集める事ができましたが、これから実際に事業を立ち上げ営業活動をしてしっかりと売上を上げ従業員に給与を払い、オフィスの家賃を払い、借金返済をしなければなりません ...

去っていく仲間たち 4

なんとか資金を集め事業を始めるも、思うように事業が立ち上がらず日々イライラが募りました。 当初の起業目的だったブログサービス運営はシステム購入から外注開発会社へのレベニューシェア契約開始まで半年かかり ...

滞る借金返済からの取り立て 5

起業から1年経たずして2名の起業メンバーが去り、代表取締役の私と取締役1名の計2名となりました。 なんとか毎月固定で定期的に発注を貰えるのクライアントやウェブ制作だけではなく月額料金でSEO対策の契約 ...

キャバクラの仕事 6

借金取りから逃げるべく、私は全てを捨て保証人初期費用不要で入れる千葉県のボロアパートへ引っ越しました。 前回まで   とりあえず飯を食うために仕事を探さなければなりません。知り合いに会うこと ...

-任意整理
-,

Copyright© 自己破産からの復活 , 2017 All Rights Reserved.